グランビルの法則の記事 (1/1)

グランビルの法則で売買のタイミングを知る

米国の有名な株式アナリストで株価チャート分析に、
移動平均線を用いる事を考案したグランビルと言う方が、
移動平均線と株価の関係から導いた経験則からの理論です。

買い4つ、売り4つの計8つの法則から成り立つもので、
売買のタイミングを大まかに示すものです。

値動きの成り立ちを示す「エリオット波動」と比較しながら見ていただくと、
何故、このタイミングで仕掛けるのかの理解が深まると思います。

IMG.jpg

<買いの法則>
買い① 
移動平均線が下降を続けた後、横ばいもしくは上向きかけている状態で、
ローソク足が移動平均線を下から抜いた時事で、
下降の勢いが弱まり上昇の勢いが強まってきたと判断できる。
買い②
移動平均線が上昇している時に、ローソク足が移動平均線を下回り、
再度上にに抜いた時は上昇の勢いが強いと判断できる。
買い③
ローソク足が上向きの移動平均線の上にあり、
移動平均線に向かって下降したが、移動平均線を割り込む事なく、
再度上昇に転じた時は、まだ上昇の勢いが強いと判断できる。
買い④
ローソク足が、下降しつつある移動平均線から大きく離れて下落した場合、
一時的に上昇の勢いが強まる事が多いと判断できる。

<売りの法則>
売り①
移動平均線が上昇を続けた後に、横ばいもしくは下に向きかけた状態で、
ローソク足が移動平均線を下回った時、上昇の勢いはなくなり、
下落の勢いが強まってきたと判断できる。
売り②
移動平均線が下降している時に、ローソク足が移動平均線を上回り、
再度下に抜いた時、下降の勢いが強いと判断できる。
売り③
ローソク足が下向きの移動平均線の下にあり、
移動平均線に向かって上昇したが、移動平均線を上に抜ける事なく、
再度下降に転じた時、下降の勢いが強いと判断できる。
売り④
ローソク足が上昇しつつある移動平均線から大きくかけ離れて上昇した場合、
一時的に下降の勢いが強まると判断できる。

買い②・買い③は押し目買い。
売り②・売り③は戻り売り。
買い④は下落からの戻りの上昇。
売り④は上昇からの戻りの下落。

この法則もエリオット波動と同じで、必ずこうなると言うモノではなく、
理論として理解しておき、値動きのイメージとして記憶しておく事で、
相場状況の認識をしやすくなります。
スポンサーサイト