トレンドとトレンド転換の記事 (1/1)

値動きのパターンでトレンド転換の兆候を見る

トレンドの定義とは、 「ダウ理論」 が成立している時となります。
上昇トレンドは・・。
安値を切り上げ高値を更新していく動きが続く状態。
下降トレンドは・・。
高値を切り下げ安値を更新していく動きが続く状態。

相場は大きく分けて、「トレンド」と「レンジ」の2つに分けられ、
トレンドも上昇と下降の2つですから、大きく分けて3つになります。
そして、この3つのつなぎ目の動きがあるわけです。
その一つにトレンド転換と言う動きがあります。

上昇トレンド→下降トレンド、下降トレンド→上昇トレンド。

このトレンド転換の兆候となる動きのパターンをご紹介します。

<ダブルトップ>
ダブルトップ(二点天井)
ほぼ同じ高値が2つ並ぶパターンです。
2つの高値の間の安値を割った時に確定となります。

<ダブルボトム>
ダブルボトム(二点底)
ほぼ同じ安値あ2つ並ぶパターンです。
2つの安値の間の高値を更新した時に確定となります。

<トリプルトップ=三尊天井>
三尊天井(トリプルトップ)
最高値の高3の両脇に高1と高3が並ぶ形を、
釈迦三尊像の並びにちなんでこう呼ばれます。
間にある2つの安値を結んだ線を下回った時に確定。

<トリプルボトム=逆三尊>
トリプルボトム(逆三尊)
最安値の両脇に安1と安3が並ぶ形。
三尊天井の逆の形。間にある2つの高値を結んだ線を抜けた時に確定。

<二番天井>
二番天井
高値1から一旦下がって切り返すが、伸び切れずに高値1を更新する事なく、
高値2を形成するパターン。

<二番底>
二番底
安値1を形成した後、一旦上昇してから下がるが、
安値1を更新することなく反転するパターン。

大きく分けてこの6つのパターンがある。
実際のチャートの中で見てみると・・・・・・・・・・・・・。
<ダブルトップからのトレンド転換>
ダブルトップからのトレンド転換
<ダブルボトムからのトレンド転換>
ダブルボトムからのトレンド転換
<三尊天井からのトレンド転換>
三尊天井でのトレンド転換
<逆三尊からのトレンド転換>
逆三尊からのトレンド転換
<二番底からのトレンド転換>
二番底でのトレンド転換

二番底・二番天井は、三尊天井・逆三尊とかぶる事が多い。


スポンサーサイト