レンジ相場(レンジのパターン)の記事 (1/1)

レンジのパターンから今後の展開をイメージできる

相場(値動き)は70%がレンジ相場で、
残りの30%がトレンド相場と言われています。
と言う事は、70%を占めるレンジ相場を見極める力をつける方が、
相場の動きを把握でき、トレンドを効率よく捕まえる事に繋がってきますので、
レンジ相場が苦手な方も、これを機会いに、苦手意識を克服しましょう。
その為には、まずレンジ相場を知らなければいけませんので、
レンジ相場に関する私の見解と、レンジの形や出現場所から、
今後の展開のイメージの持ち方をお伝えしていきます。

レンジのパターンは大きく分けて3つ。
三角・フラッグ(四角)・BOXとなります。

<三角レンジ>
三角レンジも大きく分けると3つになり、
ここではAタイプ・Bタイプ・Cタイプとします。

Aタイプ・・・・・・・・・・・・・・・。

三角レンジAタイプ


安値がほぼ横ばいだが、高値が切り下げているため、
上からの圧力にサポートが耐えられなくなった時にブレイクする。
反対もしかりで、高値がほぼ横ばいで、安値が切り上げている時は、
下からの圧力が強く、レジスタンスが耐えきれなくなってブレイクとなる。
このパターンは見た目もわかりやすく、注文をあらかじめ入れておきやすく、
スタートダッシュの鋭い下落や上昇となるが、その変わり、
ブレイクアウト手法の格好の場所なので、
ロウソク足1~2本で利確が入りやすいそこのところは注意が必要だが、
上昇&下落の目安にはなりやすいので、必須のエントリーポイント。

Bタイプ・・・・・・・・。

三角レンジBタイプ


三角レンジBタイプは、高値が切り下げ、安値は切り上げて、
エネルギーは真ん中に集中する。この場合は、
このレンジに入る前のトレンドの方向にブレイクする事が多い傾向にあり、
トレンドの途中に出現する事が多く、このレンジが出現すれば、
そのトレンドはもうひと伸びとイメージする事ができる。

Cタイプ・・・・・・・。

三角レンジCタイプ


高値も安値も更新していくパターンで、損切りの連発を喰らう事があるので、
注意が必要ですが、私は、レンジはその前の値動きを継承する性質がある、
というトレンドの継続性を基本に置いているので、
レンジの前のトレンド方向だけに注意を傾けています。

<フラッグ(四角)レンジ>

四角フラッグレンジ


高値も安値も更新していくパターンで、
どちらか一方のダウ理論が成立していしまうタイプです。
どちらも損切りの連発を喰らう事があるので注意が必要です。
私は、レンジはその前の値動きを継承する性質がある、
というトレンドの継続性を基本に置いているので、
レンジの前のトレンド方向だけに注意を傾けています。

<BOXレンジ>

水平レンジ


水平レンジ、いわゆるBOXレンジと呼ばれるものです。
このBOX相場からのブレイクでの仕掛け、ブレイクアウト手法では、
格好の値動きとなりますが、騙しにも多い局面です。


レンジ相場は、基本的にトレンドの天井か途中かに発生することが多く、
トレンドの底ではレンジという動きにはなりにくい傾向にあります。
ですから、レンジ相場と判断できる事で、トレンドの終焉か途中かと、
イメージすることができます。
エリオット波動の値動きを合わせて見ていただければ、
イメージしやすいと思います。
スポンサーサイト