テクニカル分析とは・・?の記事 (1/1)

クロスサインはテクニカル分析とは言わない。

テクニカル分析とは・・・・・・・・・・・。
過去の価格や時間などを数学や統計学などを用いて、
値動きの動向を分析する事を言います。

ただ、インジケータのクロスするところがエントリーサインとし、
最適なエントリーポジションを求めようと、
最適な期間設定(パラメーター)ばかりに注目し、
過去検証も機械的にその部分だけを検証しているトレーダーがいますが、
それでは、利益を上げる事はできません。

クロスをサインとするのはいいのですが、
その前に・・・・・・・・・・・・・・・・。
今の相場状況がどんな状況なのかを把握する必要があります。
どこを投資家が注目し注文が集中しやすいのか?
投資家がどちらを向いていて、どの方向に伸びやすいのか?
これらを理解せずにインジケーターのクロスや矢印のサインを追いかけても、
継続して利益を出して行く事はできません。

何を見たくて、そのインジケーターを使っているのかをキチンと把握して、
相場を見ていくようにしましょう。

テクニカル分析は方向性を追うトレンド系と言われるモノと、
変化の様子を見るオシレーター系と言われるモノがあります。
それと、値動きの直近の高値・安値を結んだラインで、
相場の方向性を見ていくトレンドライン・チャネルラインとなります。
それぞれの特性を認識した上で、必要なインジケーターを見つけてください。

最新的なものや独創的(オリジナル)ものが良いのではありません。
あくまでも、値動きの何を知りたいのかを決めて、
それにマッチしたインジケーターを使う事が大事なことです。

このサイトでご紹介するテクニカルインジケーターは、
FX関連商材・書籍には必ず記載されているものです。
どのFX会社のチャートでも表示ができる可能性の高いモノだけを、
ご紹介する事にしました。
ただ、利益を継続的に出していくに十分力になってくれるものですので、
参考にしていただければと思います。

ちなみに私のチャートには・・・・・・・・・・・。
ロウソク足・移動平均線・MACD・RSI と言う、
本当にオーソドックスなチャート設定ですが・・・・・・・・・・。
専業トレーダーです(^^)。


スポンサーサイト