オシレーター系 MACDの記事 (1/1)

以外と知られていないMACDの内容

MACDの日本語訳は移動平均収束拡散法
MAは移動平均線(Moving Average)、Cは収束(Convergence),Dは分岐(Divergence)
という事でMACDと呼ばれています。
MACDラインがシグナルラインを上下に抜けた地点が売買サイン、
レベル表示の0ラインを強弱分岐点と見ます。
前回の反転ポイントを次回の反転の目安とする方法などです。

MACDとシグナルのクロスがエントリーサインとなります。
MACDがシグナルを下から上抜いた(ゴールデンクロス)地点が買いサイン  
MACDがシグナルを上から下抜いた(デッドクロス)地点が売りサイン
ただ、エントリーサインとしては遅れ気味になる事も多く、
値動きの方向を判断する指標として使うと効果的です。

MACDは最もメジャーなテクニカル指標ではありますが、
その内容は、クロスでのエントリーサインしか知らない方も多いので、
ここで解説を・・・・・・・・・・・・・・・・・。

MACD.png

MACDは、MACDライン・シグナルライン・ヒストグラムの3つで構成。
FAST EMA 12 、SLOW EMA 26 、シグナル 9 
上記のパラメーターが一般的ですので、この数値で説明をします。

=MACDライン=
EMA12とEMA26との乖離幅をPips数で表しています。
(これは意外と知られていない)
つまり、MACDラインが上昇している時はEMA12がEMA26から、
勢いよく離れている事になるので、この時間軸よ下の時間軸での、
押し目買いが可能な状況である事がわかります。

MACDラインがレベル表示の「0」ラインを抜ける時は、
2つのEMAのクロスを表します。

=シグナルライン=
MACDラインの数値を任意の期間で平均化した移動平均線です。
上記のパラメーターでは9ですので、期間「9」の移動平均線となります。

=ヒストグラム=
MACDラインとシグナルラインの乖離を表します。
ヒストグラムがレベル表示の「0」ラインを抜ける時は、
MACDラインとシグナルラインがクロスする時です。

MACDとシグナルではまだ決済サインが出ていなくても、
早めにトレンドの終焉を察知する事もできます。

参考までに・・・・・・・・・・・・・。
MACDは特にですが既存のパラメーターのまま使う方が多いですが、
MACDは2本の移動平均線の位置関係を利用した指標ですから、
チャートに移動平均線を表示されている方は、
その移動平均線に沿ったパラメーターで使うと、
ロウソク足の動きとよりマッチします。

MACD逆行現象でトレンドの終息又はトレンド転換のサインです。
価格は上昇(下降)しているがMACDは下降(上昇)し、
MACDが値動きと逆行している状態です。
相場が天井圏/底値圏で推移している時の逆行現象の方が信頼度は高い。
スポンサーサイト