外国為替レートの見方の記事 (1/1)

外国為替レートの見方

USD/JPYなど為替レートの表示はほとんどこのように表示されてると思います。
USDとはアメリカドル、JPYとは日本円を意味しています。
仮にUSD/JPY 100.00と表示されている場合は、
1米ドルを日本円に換算すると100円です。
つまり手数料などを考慮しなければ100円で1米ドル買えるという事ですね。
逆に1ドルで100円を買えるという事です。

外国為替証拠金取引で利益を得るには基本的に安く買って高く売るか、
高く売って安く買う必要があります。

たとえば・・・・。

ドル/円レートが100円の時に1万ドル買う。
買ったときの1万ドルを円換算すると100×1万で100万円になります。
先ほど買った1万ドルを101円の時に売ると1ドル121円ですから、
101×1万-100万=1万円の利益となります。

ドル/円レートが101円の時に1万ドル売る。
売った時の1万ドルを円換算すると1ドル101円ですから101万円です。
先ほど売った1万ドルを100円の時に買い戻すと、
101万-100×1万=1万円の利益となります。

この1万ドルを売るという取引は為替証拠金取引をやられたことのない方は、
分かりづらいかもしれません。
FX取引は買いと売り両方で利益を狙う事が出来ます。
もしドル/円でドルが下がる思うなら売る。
売った場合はドル/円Bidレートが売値より下がったときに決済(この場合は買う)
すれば利益となります。
FX取引会社が掲示しているBidレート(ビットレート)とは買い値の事で、
Ask(アスク)とは売り値のことです。
FX業者と為替取引する私達の方から見れば、
Bidレートは売りレートでAskレートは買いレートとなります。
スポンサーサイト