FC2ブログ

サポート&レジスタンス の記事 (1/1)

ブレイク手法の根幹となるもの

サポート&レジスタンスライン、通称サポレジLについての解説です。

どんなラインかを簡単に説明すると、
サポートラインはある安値から水平に引いたラインで、
レジスタンスラインはある高値から水平に引いたラインです。

レジスタンスを訳すと、
「権力や侵略者などに対する抵抗運動」となります。
抵抗するという意味ですので、相場の世界では、
値動きに抵抗する、値が伸びるのに壁となるものですね。
時には移動平均線がレジスタンスとなる事もあります。

サポートは言葉の通り「支える」と言う解釈でいいと思います。

相場は「上がれば下がり、下がれば上がる」と言われているのに、
基本の見方は上昇です。
ですから、上昇の値動きの抵抗となるのがレジスタンス、
上昇の動きを支える(下支え)のがサポートと解釈して下さい。

抵抗するレジスタンスを抜ければさらなる上昇が期待でき、
下支えのサポートを抜けてしまうと下落に転じてしまう。
そういう見方でいいかと思います。

また、レジスタンスを抜けた後、そのレジスタンスがサポートになったり、
サポートを抜けた後、そのサポートがレジスタンスになったりします。

そのポイントを抜ければトレンドの発生・継続・終了・転換の4つが、
確認できるところになるので、相場を見て行く上で非常に大事です。

それではチャートで見て行きます。
サポレジ 1
上のチャートはロウソク足だけを表示しました。
左から上昇していき、大きく見ればBOXレンジのような展開で、
そのBOXレンジの中での上昇・下落となっている値動きですね。
このチャートにはっきりとわかるサポレジLを引いて見て行きます。
レジスタンスLを赤、サポートLを水色で引きました。

サポレジ 2

高1からレジスタンスL①を引いてブレイク後値が上昇いき、
戻りの下落動きで高2を形成し、その戻りの下落が高1から引いた
レジスタンスLで止まり(安1)横ばいで、安1の下ひげ陽線と同じような
陽線が出現(安2)し、下落を支える格好になりサポートLが引けました。
高1からのレジスタンスL①がサポートL①に変わりました。
このサポートL①を伸ばしていくと、
再びサポートとして機能していますね(安10)。

高2のレジスタンスL②をブレイク後の戻りで、
このレジスタンスL②で反転(安3)上昇となり、
高3のレジスタンスL③をブレイクして上昇再開となっています。

その後戻りの下落で高4を形成。その後BOXレンジ様相で、
高4のレジスタンスL④で一度反転下落(高5)し、
レジスタンスL④をブレイクして再び上昇となりました。

それから、上下動の動きになるも、安4安5で構成された
サポートL③に支えられ(安6・安7)横ばいも支えきれず、
サポートL③をブレイクし下落。
その下落が高3からのレジスタンスL③で止まり、
レジスタンスL③がサポートL④に変化。
このサポートL④を抜けた下落がサポートL②で止まり反転。
サポートL②を抜けた下落がサポートL①付近で何度か反転を繰り返し、
上昇に転じて高7のレジスタンスL⑤をブレイクして上昇し、
一気にレジスタンスL⑤もブレイクしました。
その後、戻りの下落がレジスタンスL⑤で止まりサポートL⑤に変化。
そのサポートL⑤をブレイクした下落が、レジスタンスL⑥で止まり、
(安11)再び安12を形成してサポートL⑥に変化して、
再び上昇するも高8高9で形成のレジスタンスL⑦で跳ね返されて、
高10を形成しています。

サポレジ 3
上のチャートを見れば、レジスタンスがサポートに変わり、
サポートがレジスタンスに変わるのが一目了然ですね(^^)。

ブレイク手法には欠かせないラインなのですが、
この手法を用いる用いない関係なく、
相場を見て行く上で、非常にわかりやすく
ロウソク足でなくてもバーチャートでも同じラインが引ける事から、
全世界のトレーダーが使える相場の見方だと言えます。

大きくも小さくも見て行く事ができますので、
トレードに行き詰った時にはロウソク足だけにして、
このサポレジLを引いてみてください。
とりあえず、はっきりとわかる高値・安値から水平ラインを引きましょう。

貴方のトレード手法そのものが劇的に変わるかもしれません(^^)。



スポンサーサイト