利益確定の判断についての記事 (1/1)

<勿体無い>


おはようございます、みみずく です。

EUR/JPY トレード結果
1日   + 19Pips
4日   静観
5日   + 73Pips
6日   + 16Pips
7日   +キープ中
(部分利確決済 +131Pips)

昨日のユーロ円のトレードは、
思いのほか大きな下落となりました(^^)。

いつも私は、トレンドを狙う時、
スキャル対応の時を明確にして徹底する事を、
会員の方にもお伝えしています。
これは、欲をかいて、いつも大きな利益を求めて、
小さくてもプラスで終えた可能性のあるトレードを、
損切りで終えてしまう事を防ぐためですが、
その反対に、大きな利益になる可能性のある時に、
小さな利益で終えてしまう事を防ぐ効果もあるのです。
トレンドを狙うべき場面は、簡単に言うと、
値動きの抵抗となるモノが直近にないときですね。
そんな時は決済の基準を直近の高値・安値ではなく、
移動平均線において静観し、
その移動平均線を超えないで出来た、
高値・安値に決済注文をトレールしていき、
利益を伸ばしていくのも一つの方法です。

トレンドと言うのは、いつも発生するわけではなく、
そのため、スキャル対応をしていると、
いざ、トレンドを狙うとなると、
不安になって、含み益があるうちに決済してしまう。
これも、非常に勿体ない行動です(^^;

自分のルールに基づいた行動をしていきましょう(^^)。

====================

特別価格でトレード手法をお譲りいたします!!

私が運営しております「みみずくFX倶楽部」は新規入会募集は終了しましたが、
当倶楽部で使用している教材PDFをお譲りいたします。
ご購入いただいた方には専用サイト閲覧も可能とさせていただき、
私の日々のトレードの一部をアップ&解説しております。

1、まだ自分のトレードスタイルの構築ができていない方。
2、FX歴はあるが、なかなか結果でずに、一人悩み悪戦苦闘されている方。
3、自分の今後の生活設計にFXでの資産運用を真剣に考えられている方。

ご購入希望の方は
件名に「みみずくFX倶楽部教材PDF希望」とご記入の上
こちらまで⇒ ksfx1964120@yahoo.co.jp

======================
明日への糧になります。応援クリックお願いします(^^)。
    ↓          ↓

為替・FX ブログランキングへ


スポンサーサイト

<利確基準は明確に。>

こんばんは、みみずく です。

EUR/JPY トレード結果
1日   相場観察
2日   + 15Pips
3日   所要でトレード出来ず。
4日   所要でトレード出来ず。
5日   所要でトレード出来ず。
7日   + 46Pips
8日   + 48Pips
9日   + 32Pips
10日  + 25Pips
11日  + 28Pips
14日  見送り
15日  + 46Pips
16日  +  9Pips
17日  + 22Pips
21日  +  9Pips
22日  ±  0Pips

本日のユーロ円は、
日足の下降レンジ相場の中での動きで、
欧州の経済指標での大きな下落後の、
戻り上昇からの再度下落を狙いましたが、
残念ながら「0」決済となりました。

レンジ相場でのトレードは、
上下動の動きは仕方なく、
トレンド相場でのロウソク足と比べれば、
上下にヒゲをつけたロウソク足になりやすい。
ですから、損切りをタイトにすると、
そのヒゲで損切りにかかり、
かかった後でエントリー方向に伸びる。
そんな事が多々あります。

ですから、私はレンジ相場でのトレードは、
もちろんスキャル対応ですが、
その中でも、目標の利確ポイントの前であっても、
値動きを見て裁量で利確する事もしばしばあります。

直近の高値を利確ポイントとしていても、
レンジ相場の場合は、その値に達する少し前で、
戻ってしまう事もよくある事です。
それだけ上下動の動きが激しいからですね。
スキャルと決めたからには、
利益の大きさよりも、
含み益が出た時は確実に利確して行く事。
これが大事です。
利益の大きさはPips数ではありません。
利益の大きさは投資金額の大小となります。

それだけ、大きな金額の投資となるのですから、
リスクも高いわけですから・・・・。

私はスキャルの場合は、利確条件の中に、
Pips数もあります。
もちろん時間軸によって数値は違います。
5分足なら5Pips取れれば十分でしょう(^^)。

FXトレードにおいて、
利確の上手下手が、
利益の大小に直結してくると言っても過言ではなく、
一番難しいのは・・・・利確だと思います。

まずは、トレンド狙いの局面と、
スキャル狙いの局面での利確決済の基準を、
はっきりと分けて見てください。

オリジナル手法構築までの道のりは・・・・。
がんばりましょう(^^)。



========================

トレード手法をお譲りいたします!!

私が運営しております「みみずくFX倶楽部」は新規入会募集は終了しましたが、
当倶楽部で使用している教材PDFをお譲りいたします。
ご購入いただいた方には専用サイト閲覧も可能とさせていただき、
私の日々のトレードの一部をアップ&解説しております。

1、まだ自分のトレードスタイルの構築ができていない方。
2、FX歴はあるが、なかなか結果でずに、一人悩み悪戦苦闘されている方。
3、自分の今後の生活設計にFXでの資産運用を真剣に考えられている方。

ご購入希望の方は
件名に「みみずくFX倶楽部教材PDF希望」とご記入の上
こちらまで⇒ ksfx1964120@yahoo.co.jp

======================


明日への糧になります。応援クリックお願いします(^^)。
    ↓          ↓

為替・FX ブログランキングへ

<利益確定の判断基準>

おはようございます、みみずく です。

ユーロドルトレード結果
 4日  +  21.2Pips
 5日  +  55.0Pips(別途部分決済で28Pipsあり)
 6日  +  11.0Pips
 7日  +  52.0Pips

昨日のトレードは、日足での優位性は下降に傾きつつあるも、
4時間足ではどちらとも言えない状況で、
1時間足でのスキャル対応でのトレードとなりました。
私のスキャル対応での利確は、
直近の高値・安値かフィボナッチでの決済基準かの2通。
どちらを選択するかは、その時の相場状況によって判断します。
どっちがいいのか?
という事よりも、どちらかに選んだ理由が、
再現性のある理由であるかどうかが大事。
次に同じような事が起きた時に、同じ判断ができるかどうかです。
再現性のある理由なら、未来に同じような事が起きた時に、
同じ判断ができるはずですから、トレードに一貫性が生まれ、
トレードルールになっていきますが、
ただ単に、なんとなくという何の根拠もない理由であれば、
次も迷う事になります。

複数から選択をしなければならない時は、
また同じ状況になった時に同じ判断が下せる理屈を、
判断基準として採用してください。
「利益の大きい方」という理由はダメですよ(^^;



明日への糧になります。応援クリックお願いします(^^)。
    ↓          ↓

為替・FX ブログランキングへ