FC2ブログ

トレード&相場解説の記事 (1/30)

平成30年9月28日(金)ユーロドル トレード解説

おはようございます。
いよいよ台風が近畿地方にも接近してきていますね。
被害が無いように祈るだけです。

それでは、昨日28日(金)ユーロドル トレード解説です。
チャートは先ほど10:25頃のものです。
日足から・・・。
日足
上昇中の戻りの下落が大きくなっています。
3本のMAの下にロウソク足が入ってきて安値を付けました。
ルール的には優位性の3条件は全て下落を示してはいませんが、
明らかに、値動きは下落方向に進んでいき、
その下落を1時間足と4時間足で仕掛けて取りました。

4時間足です・・・。
4時間足
仕掛けたポイントは見ての通り、
小さく2つの陽線を戻りの上昇と見立てての安値ブレイクでの仕掛けです。
1時間足と見比べながら・・・
1時間足です。
1時間足
仕掛けのポイントが1時間足と4時間足両方の仕掛けポイントとなっており、
とりあえず直近の4時間足サポレジL(黄)で部分利確決済 +14Pips。
そして、4時間足での仕掛けポイントでもあるので、
4時間足が確定するまではポジションキープと思い静観。
そして4時間足が上下ヒゲの小さい大きな陰線となりましたので、
1時間足と見比べながら様子を伺いつつポジションをキープし、
1時間足のサポレジL(青)で2度、下ヒゲを付けた陽線となり、
その後、コマ足の陰線・・・・。
そのコマ足陰線を含め、3回下落が止まり下ヒゲを付けている事から、
ここを下に抜ければさらなる下落も見込まれるため、
その陰線コマ足の高値上に利確決済注文を移動して静観。
結果は御覧の通りで利確約定 +37Pipsとなりました。

一昨日・昨日の2日間の下落で続けて利益が出ました(^^)。

他の通貨も利益が出せましたので、有意義な週となりました(^^)。
台風だけが気がかりです。
この週末はおとなしく過ごしましょうか(^^;

次は10月1日です。
それでは、また・・・。
スポンサーサイト

平成30年9月27日(木)ユーロドル トレード解説

おはようございます。
本日の大阪は・・・・晴れ・・・です。
台風が来るとは思えないほどの天気(^^;

それでは、昨日27日のユーロドルのトレード解説です。
チャートは先ほど10:50頃のものです。
日足から・・・。
日足
昨日の解説の時間帯の時の値動きでは、
方向性がつかめずに静観するしかない!
という状況でしたが、値動きは「山の天気」と同じように、
気づいたら状況が変化していた事が多々あります。
昨日はその典型的な例ではないでしょうか・・。

4時間足です。
4時間足
4時間足のサポレジL(黄)を割ると一気に下落が進みました。
その下落を部分決済を使いながら利確ができました。

1時間足です。
1時間足
まず、大きな陰線で一気に下落となりました。
この下落を取りに行くと・・・・大けがになる事の方が多いです(^^;
4時間足のサポレジL(黄)を一気に割ったあと、
その4時間足のサポレジL(黄)まで戻ってきました。
売りの新規注文に対して決済注文が入ったという事ですね。
そして、サポートとして機能していたラインが、
今度はレジスタンスとなって機能した格好になり、
下落が再開となりました。
私としては、その4時間足のサポレジL(黄)と10EMAとが、
レジスタンスの役割になりそうだと判断して、
売りの仕掛けを行い、まずフィボナッチのスキャル利確ポイントで部分決済。
+21Pips
その下の4時間足サポレジL(黄)とフィボナッチ利確1ポイント付近で、
残りポジションの全決済としました+32Pips

下落の基本の仕掛けのポイントですね。
下落があった後の戻りの上昇後の安値サポートブレイクです。

1.1683のブレイクの後、すぐに10EMA付近まで上昇したので、
怖さがありますが、これは日足チャートを見れば、
10EMAブレイクあたりに相当するのかなぁ~という感じですので、
多少のもみ合いは覚悟の上ですね(^^)。

それもあって、フィボナッチでスキャル利確ポイントで部分決済をし、
残りポジションで下の4時間足サポレジL(黄)までを狙った。
というのが昨日のトレードとなります。

本日も、下落での仕掛けのチャンスがあれば仕掛けていきます。

相場とは私たちトレーダーの思い通りには動かない。
でも、相場を動かしているのは私たちトレーダーの売り買い・・。
おかしなものです(^^;

それでは、また・・・。

平成30年9月27日(木)ユーロドル相場解説

おはようございます。
本日27日(木)のユーロドル相場解説です。
チャートは先ほど9:05頃のものです。
日足から・・・・・。
日足
日足だけを見ると、上昇トレンドは明確であり、
優位性の3条件も上昇を示し、トレード環境もわかりやすい感じに見えますが・・。

4時間足です・・。
4時間足
こんな感じ・・・(^^;
私は到底、こんな相場に突入していく事はできません(^^;

1時間足・・・。
1時間足
なんとも言いようがないのですが、簡単に言えば・・・。
静観です・・・。
これだけですね(^^)。

解説もへったくれもないです。

台風も近づいてくるそうですし、週明けを待ちましょうかね。

そんなところです。
こんな解説で申し訳ないのですが・・・・。

それでは、また・・・・(--;

平成30年9月26日(水)ユーロドル相場解説

おはようございます。
今日の大阪は秋晴れという感じの天気ですね。
半袖では、風が吹くと少し肌寒い感じです。

それでは、本日26日(水)のユーロドルの相場解説です。
チャートは先ほど10:13頃です。
日足から・・・・。
日足
優位性の3条件は上昇を示しています。
上昇トレンドの中の戻りの下落から、昨日は反転上昇の兆しのある陽線。
んで? 今日はそのまま上昇となるのかどうか?
というのが本日のユーロドルの状況です。

4時間足です・・・・。
4時間足
4時間足を見る限りは・・・・。
MACDはDCで下降しており、2本のMAは重なり、
10EMAが20SMAの下に入り込んできそうな気配。
ロウソク足もこの2本のMAの下に終値を一度付けております。
三尊天井の形にも見えてきますね。
日足での優位性は上昇にありますが、4時間足では上昇の勢いはなく、
むしろ、下落していく?という環境にも見えます。
昨日の日足は陽線確定で、反転上昇開始か?と見えましたが、
4時間足で見る限り、上昇は終わり一旦下落に向かいそうな気配です。

1時間足です・・・。
1時間足
上昇にも下落にも方向性は見えず・・・・。
日足を頼りにするか、4時間足を優先するか・・・?
現在1時間足の優位性の3条件は下落を示していますので、
4時間足もはっきりと優位性の3条件が下落となれば、
下落の仕掛けのチャンスを見ていきたいと思います。

以上が本日のユーロドルの相場解説です。

それでは、また(^^)。

平成30年9月25日(火)ユーロドル相場解説

おはようございます。
皆さん、この連休はいかがお過ごしでしたでしょうか(^^)。
運動会のシーズンに入っていますからね。
近くの小学校でも日曜日に運動会があって、
賑やかにやってましたよ。
組体操はなくなったみたいですね。
私の時代は、毎年、一人ぐらいは捻挫か骨折があった記憶がありますね(^^;
名誉の負傷で済まされていた時代ですが・・・。

それでは、本日のユーロドルの相場解説です。
チャートは9:45ごろのものです。
日足から・・・・・。
日足
優位性の3条件は全て上昇となっていますので、
上昇狙いでの仕掛けを重点的にみていく事になります。

4時間足です・・・・。
4時間足
1時間足です・・・。
1時間足

両方の時間軸のチャートを見比べながら・・・。
1時間足で見ると、上昇仕掛けのチャンスがあったのですが、
4時間足のMACDがGCにならず・・・・。
結果的に突発的な急上昇&急落があり、結果的には仕掛けていたら、
利益は出ていたでしょうが、ここは見送りで正解と思っています。
こういう突発的な動きは非常に危険ですから、
やはり優位性の条件が揃っている、もしくはそれに準ずる何かがある。
という環境でないと、仕掛けていくのは怖いですね・・・私は。

4時間足のMACDがGCになった後の動きでチャンスが来れば・・・。
そう思ってみていましたが、結局、チャンスは訪れず・・・。
それが昨日の相場でした。

本日の相場は、優位性は上昇にあるので、
狙いは上昇を重点的いみていき、
4時間足の動向によって、仕掛けのチャンスが生まれるかどうか?
それが私の本日のユーロドルの相場の見立てです。

参考になればと思います・・・・。

台風がまた発生しているみたいですね・・。
この台風が過ぎ去った後、本格的な「秋」の到来ですかね。

それでは、また(^^)。