トレード解説の記事 (1/13)

平成30年5月21日(月)ユーロドル トレード解説

おはようございます。
日曜日にゴルフに行ってきました(^^)。
兵庫県のゴルフ場でしたが、天気もよくてスコアーもまぁまぁ(^^)。
いつものメンバーで、わいわいガヤガヤと楽しいゴルフです。
たまに一人で行って知らない方とご一緒する時もあるのですが、
それはそれでいい意味で、少しの緊張感もあり、
楽しいゴルフになります。(^^)

それでは、昨日21日(月)のユーロドルのトレード解説です。
日足から・・・・・。
日足
下落が止まりませんね(^^)。
なぜうれしいか?
それは仕掛ける方向がわかりやすいからです。(^^)
BOXレンジの時はやはり迷う場面も数多く・・・。
ただ、75SMAを割ったからというもの、一気に下落・・・。
MACDが少し横ばいとなってきているのが少し気になるところです。

4時間足
4時間足
4時間足のMACDがDJの気配がある状況でしたので、
スキャルで行くのか、部分決済でいくのか。
少し考えましたが、ここは部分決済を使っての利確としました。

1時間足です。
1時間足
日足のサポレジL(赤線)ブレイクの格好となりました。
下の週足のサポレジL(緑)で一部利確+24Pips。
残りのポジションの損切を「0」決済にして静観。
週足のサポレジL(緑線)で見事に反転(^^;
「0」決済となりました。

まぁまぁ仕方なしですね。
以上が昨日のトレード結果です。

今の値動きは、日足・4時間足で見る限り、
下降トレンドの中の戻りの上昇ですので、しばらく静観。
ウオーキングがてらの散歩でもして、
TSUTAYAでDVDでも借りに行こうかと思っているところです(^^)。

それでは、また(^^)。

スポンサーサイト

平成30年5月18日(金)ユーロドル 相場展望

おはようございます。
昨日のユーロドルは、私にとってはチャンスなしの展開で、
静観していました・・・(--;

という事で・・。
本日18日(金)のユーロドルの相場展望。

まずは日足から・・。
日足
大きなBOXレンジの底を抜けてからの下落が、
一度戻りをつけて10EMAで反転、再度下落開始となっている状況です。
下に、日足・週足のサポレジLがありますので、
ここいらで下落が止まるのか、それともブレイクしていき、
下落が継続していくのか・・・・・。
日足を見る限り、まだ調整の動きに入った兆候は見られず、
下落が継続しているとの認識を持っています。

4時間足・・・・。
4時間足
MACDのDJが確認できています。
それでも、日足の10EMA・4時間足の75SAMまで戻りの上昇から反転。
この下落が強く、MACDのDJも・・・・?
と言わざるを得ないかもしれません。
ただし、MACDのDJである事には違いありませんので、
そこはきちんと認識しておく必要がありますね。

1時間足・・・・。
1時間足
・・・・・・。
ズバリ・・。
上昇は狙いません。
下落も仕掛けるとしたら・・・・・・・。
下の1時間足サポレジL(青線)とBB-2σが重なっていますので、
ここをブレイクしていくかどうか・・・・・・。
ただ、すぐ下に4時間足のサポレジL(黄線)もありますので、
注意が必要ですね・・・・・・・・・・・・・・(^^)。

以上です。
参考になれば幸いです。
それでは、また・・・・・・(^^)。

平成30年5月16日(水)ユーロドル トレード解説

おはようございます。
皆さん、トレードの調子はいかがでしょうか(^^)。
私は、まずまずと言ったところです。

それでは、昨日16日のユーロドル トレード解説です。
チャートは昨日16日22:30頃です。
それでは、日足から・・・・。
日足
一昨日に10EMAから大きく下落し、直近の安値サポートまで落ち、
昨日はそこから、その安値サポートをブレイクするかどうか?
という展開でした。
日足の3条件から優位性は下落にありますので、
ここはブレイクを狙っていきたいところでした。
結果は見ての通り(^^)。

4時間足です。
4時間足
日足のサポレジL(赤線)で一度下落が止まり反転で下ヒゲ陽線出現。
そこからじわじわと下落となり再び日足サポレジL(赤線)で小さく陽線。
次の上ひげ陽線は10EMAでの反転を待っていたかのような値動き。
そしてサポレジL(赤線)を一気にブレイクしました(^^)。

1時間足です。
1時間足
1時間足で見れば、日足サポレジL(赤線)の少し下でもみ合いに・・。
3条件とも優位性は下落を示しており、ここはブレイクポイントですね。
目標となる安値サポートがないためフィボナッチで決済対応。
まず、スキャルラインで部分利確決済+22Pips。
私は、翌日にポジションをなるべく持ち越さないようにしているので、
利確1のポイントで残りポジション全て利確決済+34Pips。

こんな感じです(^^)。
昨日に引き続き、下落を仕留める事ができました。
日足を見る限り、日足サポレジL(赤線)や週足のサポレジL(緑線)が
BB-2σと重なるようなポイントにありますから注意。
その下を抜けると、次の週足まで・・・かな?

トレーダーの心理として、トレンドができ始めた時は、
もっと伸びろ伸びろと思い、
値が伸びて行くと、「もう、そろそろ終わるかな?」
なんて、何の根拠もない「相場観」というものにとらわれます。
現在のユーロドルの日足の動きは、
「もう、そろそろ下落が止まるかな?」
という根拠のない相場観になっている方も多いのでは?

きちんとした根拠をもって(ルールと言ってもOK)、
そう判断しているのであればいいのですけどね(^^;

自分のルールで、まだトレンドが終息する兆候が出ていないのであれば、
トレンドが続くものとして相場をみていき、
チャンスがあれば、その方向に仕掛けていかなければいけません。
自分のルールを守るとはそういう事でもあります(^^)。

相反するように思えますが、
慎重に繊細に注意深く・・・そして大胆に!
日々のトレードを行っていきたいものです(^0^)。

それでは、また・・・・。


平成30年5月15日(火)ユーロドル トレード解説

おはようございます。
大阪はいい天気です(^^)。
金曜日あたりから雨になり週末は不安定らしい・・・。
日曜日はゴルフの予定が入っているのですが、
まぁ~雨の中のゴルフの覚悟は必要かもしれません(^^;

それでは、昨日火曜日のユーロドルのトレード解説です。
チャートは昨日火曜日の22:30頃です。
日足から・・・・。
日足
月曜日に10EMAを超えてから下げて、上ひげ陰線確定となり、
いかにも、これから落ちますよ~~~的なイメージでした(^^)。

4時間足です・・。
4時間足
タイミング的には、10EMA&20SMAの下にロウソク足が着てからのチャンス。
上ひげ陽線確定で、その陽線の安値ブレイクでの仕掛けという感じ。
それを1時間足で行いました。

上が1時間足、下が30分足です。
1時間足
30分足
1時間足で見ると、まず、安値サポートブレイクでの仕掛けで、
下の4時間足サポレジL(黄線)タッチで部分利確決済+18Pips。
残りでさらなる下落狙いで静観。
米経済指標(小売り高)の影響もあり、一気に下落・・。
次の4時間足サポレジL(黄線)で値動きが止まり少し戻したところで、
成行利確決済としました。+67Pips

今回さらなる下落狙いをした理由は、
日足での10EMA反転での下落。そして月曜日が上ひげ陰線確定。
この2つが理由となります。

日足・4時間足・1時間足と3つの時間軸でのチャンスが重なると、
大きく値が動きますね。
こういうところをしっかりと抑えて利益に変えていかなければいけません。

難しい局面を、簡単に利益を取っていくイメージを、
専業トレーダーにお持ちであれば・・・違います(^^;

難しい局面は、誰が見ても難しいのです。
その難しい局面を考えてしまうか、
自分が判断しやすい局面になるのを待つか・・・・。
利益を継続的に出していくために必要な行動は・・・。

自分が判断しやすい局面になるまで待つ。

この思考と行動です(^^)。

相場というものは、自分が相場から撤退しない限り逃げません。
相場が自分から逃げる事はないのですから、
待てば必ずチャンスは訪れます。
ただ、そのチャンスがいつ来るかを、
自分のルールに従って感知するだけです。

煮詰まる事なく粛々とトレードしていきましょう(^^)。
それでは、また・・・・・。

平成30年5月8日(火)ユーロドル トレード解説

おはようございます。
大阪は雨模様です。
そのせいか少しひんやりしますね。
こういう時は風邪をひきやすいですから、油断大敵です。
用心して過ごしたいと思います(^^)。

それでは、昨日8日(火)のユーロドルのトレード解説です。
チャートは先ほど9:15ぐらいのものです・・。

それでは、日足から・・・・・。
日足
BOXレンジの底を抜けてからの下落がとまりませんね(^^;
トレードする身としては、狙う方向が絞れるので助かります(^^)。

4時間足・・・・。
4時間足
懸念材料であったMACDのGCが、MACDライン・シグナルラインが接近し、
DCの可能性が高まってきた事で、下落狙いの仕掛けに勢いがつきます。
分割決済を活用しながら利幅を伸ばしていきたい場面でした。

1時間足・・・・・。
1時間足
日足のサポレジL(赤線)を一度割ってから戻り上昇。
その際に形成した安値サポートのブレイクでの仕掛けでした。
そして、その下の4時間足サポレジL(黄線)で一部を利確決済+10Pips。
残りポジションで利幅を狙いました。
徹夜はできませんので(^^;
確定した陰線の高値に利確決済注文を移動していくトレールで様子見。
大きな陰線確定で、その陰線高値に利確注文を移動して就寝。
今朝、利確約定を確認しました+39Pips

見ても一目瞭然で、値動きもMACDもダウ下落の定義が成立し、
同じような動きになっています。
こういう時は素直に値動きの流れのままに行動していくべきですね。

現在もMACD、値動きともにダウ下落の定義が成立中で、
20SMAで抑えられると、下落での仕掛けのチャンスも見えそうです。

もみ合いの時には静観を決め込み、
値が一方向に動いているのを確認してから、
チャンスをうかがっても十分間に合います。

慌てず騒がず粛々とトレードしていきたいものです。
それでは、また(^^)。