仕掛ける方向(優位性)の記事 (1/1)

相場の状況を見極める3条件

仕掛ける方向と言うのは、優位性が高い方向とも言いかえられます。
優位性が高いというのは、
「直近の値動きを継承するであろう」
と言う観点から判断します。
よって、優位性が高い方向と判断するのに、
①直近の動きがどうであるのかを把握する。
必要があります。
「直近の値動きを継承するであろう」
という観点で見て行きますが、
相場は「上がれば下がり、下がれば上がる」ものですから、
いずれは直近の値動きを継承しない動きになります。
(トレンドの終焉や転換等)
よって、
②直近の値動きをこれからも継承する可能性が高いのかどうか
を判断する必要があります。

それでは、チャートを使ってみて行きます。
USDJPYH1 1
上のチャートはドル円の1時間足チャートです。
一番簡単な方法はトレンドラインを引く方法です。

USDJPYH1 1
サポートL AはBOXレンジの底辺であり、
そのサポートLをブレイクする事で、トレンドが発生し、
トレンドラインAでの下降トレンドとなり、トレンドラインAを越えずに
値動きが推移して行けば下降トレンド継続中となります。
そして変則の2ボトムの形からレジスタンスL Aをブレイクした後、
トレンドラインAをブレイクした事で下降トレンドは終焉したと判断し、
トレンドラインBに沿って上昇しきレジスタンスL Bをブレイクすれば、
ダウ上昇の定義が成立し、上昇トレンド発生となります。
このチャートの現時点での相場状況は、
下降トレンドから上昇トレンドへの転換間近ですので、
トレンドラインBを割らない限り優位性は上昇となります。

ではこのチャートに3つの移動平均線を加えます。
SMAは 20(水色) 75(赤)  EMAは 10(白)です。
USDJPYH1 1
この3つの移動平均線の役割を説明します。

<75SMA(赤)>
大まかな相場の大局を見ます。
ロウソク足が75SMAの上に離れて行けば上昇に勢いがあり、
その後、近づいて行けば、その上昇の勢いが落ち着いたと判断。
その後再度上に離れて行けばさらなる上昇の開始ですが、
75SMAを割って行けば、下降に転じていきます。
このチャートの現時点の値動きは、75SMAを割って下降となり、
2ボトムからの反転上昇で、75SMAに近づいてきましたので、
下降の勢いは落ち着き、75SMAをブレイクして行けば、
トレンド転換して上昇の可能性が出てくるところです。
くしくも、この75SMAとレジスタンスL Bのブレイクポイントが、
ほぼ同じポイントとなっていますね。
トレンドラインでの判断も75SMAでの判断も、
ほぼ同じ状況を示しています。

<20SMAと10EMAの位置関係>
直近の値動きの優位性がどちらにあるのかを判断します。
20SMAより上に10EMAがある時は上昇。
20SMAより下に10EMAがある時は下降・・・となります。
故に仕掛ける条件として、
上昇を狙う時は20SMAより上に10EMAがある。
下降を狙う時は20SMAより下に10EMAがある。

となります。

<2本のMAとロウソク足の位置関係>
20SMAと10EMAの2本MAとロウソク足との位置関係は、
①2本のMAより上にロウソク足がある時は上昇。
②2本のMAより下にロウソク足がある時は下降。
③ロウソク足が2本のMAの間にある、
 もしくは2本のMAに掛かっている時は、もみ合い状態
 下のチャートの黄色丸で囲ったポイントがもみ合い状態です。
USDJPYH1 1

最後にMACDを表示させました。
9・12・26の標準的なパラメーターです。
USDJPYH1 1
MACDのクロスした地点を縦点線を表示させてみました。
MACDの見方は値動きの勢いと方向性を判断します。
MACDが横ばいとなっている時は方向感がないもみ合い状態。
ゴールデンクロス(GC)の時は上昇に、
デッドクロス(DC)の時は下降に勢いがあります。

ただし、シグナル(白)がMACD(赤)に近づいている時は、
その方向(クロス)の勢いは減ってきています。
GC中であっても、方向性は上昇ですが、
その上昇の勢いは落ち着いている又は減っている。
DC中もしかりです。


それでは、この項目の「相場の状況を見極める3条件」です。

①2本のMAの位置関係

20SMAより上に10EMAがある時は上昇。
20SMAより下に10EMAがある時は下降。

②2本のMAとロウソク足の位置関係

2本のMAより上にロウソク足がある時は上昇。
2本のMAより下にロウソク足がある時は下降。
ロウソク足が2本のMAの間にある、
もしくは2本のMAに掛かっている時は、もみ合い状態

③MACDの状態

MACDが横ばいとなっている時は方向感がないもみ合い状態。
ゴールデンクロス(GC)の時は上昇に、
デッドクロス(DC)の時は下降に勢いがあります。
ただし、シグナル(白)がMACD(赤)に近づいている時は、
その方向(クロス)の勢いは減ってきている。


以上です(^^)。









スポンサーサイト