コラムの記事 (1/3)

PCが・・・・永眠されました・・・(^^;

おはようございます。
オリンピックでの日本選手の活躍がすごいですね(^^)。
その波に我々トレーダーも乗っていきたいところですが・・。

なんと! と言うか・・。ついに! と言うか・・・。
PCが・・・・永眠されました・・・(^^;
しかも、突然・・・・・。
そろそろ買い替えかなぁ~なんて思っていた矢先でしたので、
「きたかぁ~」って感じですけど・・。
ビスタでしたので、サポートも終わっていますから・・・。

それで、昨日急遽、家電量販店に行き(私の贔屓は上新電機)、
安いNECのノートPCを購入して、セットアップ等をして、
(更新プログラムとOFFICEの導入で、えらい時間がかかりました)
今日より使用できるようになりました。
このPCは、モニター数台を繋げて、チャートを出すだけのものなので、
安くて十分です(^^)。

という事で・・・・。
昨日はトレードはできていません。
明日からトレード解説を復活させますので、
何かの参考になればと思います。

それでは、明日(^^)。


スポンサーサイト

ついに・・・・。

こんにちは。

先日、金融庁が証拠金率(レバレッジ」)の引き下げを検討する

有識者会議を行う事をお伝えしました。

現状の25%から10%に引き下げるというもの・・・・。

残念ながら、これは実施される事になるでしょうね(^^;

そして、私のような投資家(トレーダー)が増えるでしょうね・・・。



海外業者で口座を開設しました(^0^)。

レバレッジは200倍です・・・。

しばらくは国内業者の口座との併用でバランスよく運用していく事にしますが・・・。

ただ、海外業者のスプレッドは国内業者と比べると高いです。

ですから、短期トレードには向かないという事です。

私が開設した口座は、2通りの選択ができて、

1つは取引手数料は無料ながらスプレッドは高めで、

もう一つは取引手数料は取られるもスプレッドは小さく抑えているというもの。

ただ、手数料額を考察したところ、スプレッドは高値でも、

手数料無料を選ぶ方がお得という事がわかったので、

私は手数料無料の口座にしました。



私のトレードの基本は1時間足もしくは4時間足でのトレードですので、

今回の海外口座でのスプレッドでも、トレードそのものには影響はないかと・・・。

ただ、15分足や5分足となるとスキャルでは苦しいとおもいますので、

今後のトレードは1時間足が一番小さい時間軸となりそうです。

そして、4時間足や日足のトレードも視野に入れていく事になりそうです。



まぁ~いろいろありますわなぁ~(^^;

これも相場ですかね。

どういう動きになろうと、その動きにこちらが対応できるか・・・。

それが大事だという事です。



ただでは転びませんし、転んだとしてもただで起き上がりません。

何かしらを掴んで起き上がるしぶとさも、

私の特徴かもれませんが・・・・・(^^;



それでは、皆さん、まだまだ寒いですが・・・良い週末をお過ごしください(^0^)。




日経新聞によると、金融庁が・・・。

こんにちは。
金融庁が我々FXトレーダーにとっては、
「本当に余計な迷惑な事」を企てています(^^)。
日経新聞の記事によると・・・・・。
証拠金率(レバレッジ)を25%から10%への引き下げを検討する、
有識者会議の発足を行います。

相撲協会の理事長が推薦する人物で構成される「危機管理委員会」は、
協会よりの見識しか持たないこの委員会は意味がないのと一緒で、
証拠金率の引き下げを検討すると言っても、引き下げありきの会議ですしね。

25%になった時にも、10%への通り道と言われていた事もあって、
そして、去年あたりから10%への引き下げが2018年には行われるとの見方が、
出てきていましたので、私としては、あまり衝撃もなく、
「あぁ~きたか?」ってな感じです(^^;

証拠金取引の規制によって引き締めるという名目ですが、
その必要性がどこにあるのかが、本当にわからないのですが(^^;

以前から検討していた事もあって、
海外口座の開設に踏み切ろうかと検討中です。
もちろんレバレッジが上がれば、同じ資金で、より大きな取引ができます。
その反面、大きなリスクも背負う事となります。
そこのところは国内業者とうまくバランスを取りながら、
運用していく必要がありますね。

これも相場と受け止めて、これからのトレードも、
自分ができる事を粛々と行っていきたいと思います。(^^)



そんなに急がなくても、力があれば大丈夫です(^^)

こんばんは。仮想通貨取引で大変な事になりましたね。
少し前にピットコインに関して、
私の見解をまたお話しますと言っていましたが、
危惧していたことが現実となりました(^^;
外為法の改正でFXが解禁となった当初と似ているからです。
投資と言うものを勉強せずに、ビギナーズラックで利益を得ていても、
いろんな原因で資産を失うものです。
それは取引そのものではなく、
取引を仲介する会社のシステムの不備によるものもあります。
昔、FXが解禁となった時にいろんなFX取り扱い会社が乱立しました。
たぶんにもれず、顧客情報の流失や資金の流失、
始めから倒産夜逃げ目的の架空会社等々・・・。
まだまだ相場そのものが未熟な環境には危険がいっぱいです。
まだまだ2~3年は様子を見て、
体力のない会社が淘汰されていくのを見てから(^^; 
それからでも、本当に相場を生き抜く力があれば
利益を出していくことは十分できます。
まずは勉強しましょう(^^)

トレードする通貨の選択について・・。

おはようございます。
本日は、特に関東は大荒れの天気になるとの予報が、
朝の情報番組等でなされていますんので、
該当する地域の方は、十分に気を付けてください。

本日は通貨ペアの話・・・・。
私の現在トレードしている通貨は4つ。
ドル円・ユーロ円・ユーロドル・豪ドルです。
その理由は・・・・・。
自分のトレード手法で結果が出やすい値動きをするという事ですね(^^)。
それでも、豪ドルに関しては値幅は狙わずに、
4時間足でのスキャルに徹しています。

値動きの基本はどの通貨も同じです。
上がれば下がり、下がれば上がりますし、
ダウ理論は通貨関係なしに適合する理論には違いはありません。
それでも、通貨によって動きに特徴がありますので、
その特徴をつかんでおくことはトレードを有利に進める材料にもなります。
もちろん、ドル円・ユーロ円・ユーロドルの3つにも特徴があります。
ただ、私の手法で当てはめると、その違いは淘汰されて、
多少は影響はあるかもしれませんが、許容範囲とできます。
豪ドルはそれから少し外れたところにあるので、
(私の手法では・・の話です)
スキャルに徹しているという事ですね。

ドル円・ユーロ円・ユーロドルはロウソク足確定を待つのが基本ですが、
豪ドルに関しては、IFDON注文によるトレードに徹しています。

違う通貨のチャートを複数縦に並べてみる事ができれば一目瞭然ですね
自分の手法が有利に働く通貨を見極めるか、
それとも先にトレードする通貨を決めて、
その通貨の動きを把握してから手法を構築するかは自由です(^^)。
戦う前に相手の動きを研究するのは当たり前ですよね。
そして、剣豪宮本武蔵のように、勝てる目算がたってから、
自分に有利な条件が揃った時に戦う事です(^^)。

「ピットコインの取引についての見解を」
という質問がこのところ何通かきているので、
次回、私の見解を述べたいと思います。

それでは、今週も粛々とトレードに勤しみましょう(^^)。