メンタル面の記事 (1/1)

トレードに性格は言い訳にならない

おはようございます。
昨日からチャートを見始めました(^^)。
トレードはしておりませんが、試運転開始ですね。
何事も準備運動は必要ですからね。
年末から1週間チャートを見ていないだけで、
不安というか新鮮な気持ちになれます。
ただ単にビビりかもしれませんが(^^;
このビビりな気持ちがある限り、
(大阪弁です、「怖がり」とか「臆病」とういう感じの意味です)
トレーダーとしてやっていけるかなぁ~と思っています。

これは私の見解ですので、皆がそうでないと思いますが、
トレードで利益を継続的に出せている方は、
トレードに関しては臆病な方が多いのでは?
だから、慎重に注意深く相場をみていく事ができる。
そんなイメージがありますね。

自分の性格を長所・短所と捉えるのではなく、
「性質・傾向」と考えて、
その性質と傾向を、いかに上手く利用してトレードに臨むか?
と考えたほうが楽だと思いますね。

ちなみに、私の性質と傾向は、
短気・負けず嫌い・お調子者・なんとかなる派・・等々。
トレーダーとして適しているとは思えないですが(^^;
それでも、一応は頑張っています(^-^)。

今日は米経済指標の雇用統計がありますので、
夜にトレードされる方は注意してください。

それでは、また(^^)。
スポンサーサイト