トレード手法についての記事 (1/1)

身に着けるべきトレード手法

4月に入りました。大阪も今が桜満開です。
皆さんのところはどうでしょうか(^^)。

さて、ツイートでも書きましたが、
金融庁がFXにおけるレバレッジ規制で実際10倍となると、
少額でのトレードをされている方や、
FXを始めてみようとする方にとっては、
ハードルの高い投資商品となってしまいますね。

確かに、それはそれで悪い事ではないと思うのです。
安易な気持ちでの投資は自己資金をどぶに捨てる行為ですから、
ある程度のハードルは必要かとは思います。ただ・・・・。

レバレッジが100倍であろうが200倍であろうが、
25倍であろうが、一人のトレーダーの損失額はかわりませんからね。
ただ、25倍に規制した事で、効果があったとの見解を、
金融庁は持っているみたいですね。
どこがだした、どういう数字かは知りませんし、
また、その数字も本当に信ぴょう性のあるものなのかどうか・・。

と言っていても間違いなく10倍になりますから、
トレーダーとしては、それに対応できるかどうか・・・ですね。
相場と同じです(^^)。
これからもいろんな事(規制も含めた)が起きると思いますが、
それに対応できる力を今の内に養っていく事が必要です。
ある特定の条件が揃わないと通用しないトレード手法というのは、
今後は淘汰されていくでしょうね。
「今では通用しない古き良き時代の手法」
というように、笑話の一つになってしまいます(^^;

いつの時代でも、高値・安値・始値・終値の4つはわかる情報。
この情報さえわかればトレードできる手法。
そんな手法を身に着けていけば、
5分足であろうが1時間足であろうが日足であろうが、
トレードできるはずですからね。

私はいろんなトレーダーの方々から意見を伺い、
総合的に判断して海外業者のFXDDでの
「日本口座」の開設をしました。
日本の業者の口座をどうするかは、
今後、決めていきたいと思っています。
(枚数を減らして、日足でのトレードも考えています。)

FX取り扱い業者を調べる時に、
比較サイトがありますが、その際の注意点・・・・・。
そこに書かれている記事や内容は、
いつ書かれたのかを確認してください。
私が検索して一番初めに出てきたサイトの内容と、
実際の内容とでは、違いが多くありました。
情報が古い場合があります。
そして、全く公平な観点から比較されたサイトは皆無・・。
という認識で見てくださいね(^^;
比較サイトで検討するのではなく、比較サイトで業者名をしり、
実際にそのサイトにメール等で自分で問い合わせを行い、
その対応の仕方なども検討する材料としてくださいね。


それでは、今日から4月のトレード開始です。
入園・入学・入社と新しい事が始まる月ですので、
私たちトレーダーもここいらで心機一転、
トレードに精進していこうではありませんか(^^)。

それでは今後ともよろしくお願いいたします・・・・。

スポンサーサイト

トレードする通貨の選択について・・。

おはようございます。
本日は、特に関東は大荒れの天気になるとの予報が、
朝の情報番組等でなされていますんので、
該当する地域の方は、十分に気を付けてください。

本日は通貨ペアの話・・・・。
私の現在トレードしている通貨は4つ。
ドル円・ユーロ円・ユーロドル・豪ドルです。
その理由は・・・・・。
自分のトレード手法で結果が出やすい値動きをするという事ですね(^^)。
それでも、豪ドルに関しては値幅は狙わずに、
4時間足でのスキャルに徹しています。

値動きの基本はどの通貨も同じです。
上がれば下がり、下がれば上がりますし、
ダウ理論は通貨関係なしに適合する理論には違いはありません。
それでも、通貨によって動きに特徴がありますので、
その特徴をつかんでおくことはトレードを有利に進める材料にもなります。
もちろん、ドル円・ユーロ円・ユーロドルの3つにも特徴があります。
ただ、私の手法で当てはめると、その違いは淘汰されて、
多少は影響はあるかもしれませんが、許容範囲とできます。
豪ドルはそれから少し外れたところにあるので、
(私の手法では・・の話です)
スキャルに徹しているという事ですね。

ドル円・ユーロ円・ユーロドルはロウソク足確定を待つのが基本ですが、
豪ドルに関しては、IFDON注文によるトレードに徹しています。

違う通貨のチャートを複数縦に並べてみる事ができれば一目瞭然ですね
自分の手法が有利に働く通貨を見極めるか、
それとも先にトレードする通貨を決めて、
その通貨の動きを把握してから手法を構築するかは自由です(^^)。
戦う前に相手の動きを研究するのは当たり前ですよね。
そして、剣豪宮本武蔵のように、勝てる目算がたってから、
自分に有利な条件が揃った時に戦う事です(^^)。

「ピットコインの取引についての見解を」
という質問がこのところ何通かきているので、
次回、私の見解を述べたいと思います。

それでは、今週も粛々とトレードに勤しみましょう(^^)。

箇条書きで10行以内で作ってみてください

おはようございます。
本当に寒いですね(^^; まぁ~冬ですから仕方ないのですが・・・。
今日は月曜日でしかも米市場がお休みという事で、
値動きが限定的になりやすい・・・・と書こうとしましたが・・・。
基本的に午前中はトレードはしないのですが、
今チャートを見ると、ドル円はサポートブレイクして下落しております(^^;
値動きというのは、誰にもわからないというのが本当のところです。
故に、相場状況をある視点から見て優位性を判断し、
その方向に仕掛けていくわけです。

「私のトレードルールを見てください」

というメールをいただく事があります。
良いか悪いかを聞きたいという事ですが、
それに対しての私の返答はいつもこうです・・・・・。

「そのルールでデモトレードで検証して判断されてはどうですか?」

実はこうとしか言いようがない(^^;
ただ、長々とA4用紙に2枚も3枚もびっしりと書かれたものを見ると、
箇条書きで10行以内でまとめてみてくださいとお伝えしています。
洗練されているものと言うのは、非常にシンプルなものが多い。
無駄をそぎ落としていく作業が絶妙なのでしょうね。
何度も付け足してそぎ落としての作業を繰り返していくと、
どうしても外せない「モノ」が出てきます。
それを自分にとってのトレードの根幹とすればいいと思います。

私のトレードの根幹は「ダウ理論とMACD」です(^^)。