FC2ブログ

2018年04月の記事 (1/3)

平成30年4月27日(金) ユーロドル相場展望

おはようございます。
北朝鮮・韓国との両首脳の映像を見ましたが・・・・・。
一生懸命パフォーマンスしていましたね。
南北統一って・・・・・・。
そもそも共産(社会)主義と民主主義とが融合するのん?
ドイツは民主主義に統一されたけど、
北朝鮮がそれを受け入れるの?
南北統一したら、もう朝鮮戦争は終結やから、
米軍は撤退して米韓の同盟はどうなるんやろ?
とまぁ~現実味がないのやけど・・・(^^;

そんな事よりも、このブログはFXトレード解説でしたね。

昨日のユーロドルの動きは、私には少し判断がしかねる状況で、
1時間足を見ていたのですが・・・。
大きく上下に振れたところは、実は仕掛けるかどうか迷い、
MACDがGC中で2本のラインの間隔が離れていた事もあり、
見送りにした結果、大きく上下に振られる事での損切に会わず、
まぁ~正解だったかなぁ~と思っております。

そして、本日ですが・・・・。
チャートは先ほど10:30頃のものです。
日足から・・・・・・。
日足
週足のサポレジL(緑線)が気になるところです。
レジスタンスを抜けた後にサポートとして機能する事はあるので、
ここいらあたりがどうなるかですね・・・。
4時間足・・・・・。
4時間足
実は・・・・現在の安値下にブレイクの仕掛けをしておりまして。
週足のサポレジL(緑線)が気になるところではありますが。
1時間足・・・・・。
1時間足
仕掛けは1時間足での安値サポートブレイクです・・。

結果は後ほど・・・・。
(アップしているチャートは楽天MT4で、仕掛けはFXDDのMT4です)

スポンサーサイト

平成30年4月26日(木) ユーロドル 相場展望

おはようございます。
本日の大阪はいい天気です(^^)。

TOKYOのメンバー山口容疑者となってしまいましたね。
元から酒との向き合い方がうまくできないらしいですね。
アルコール依存症の疑いもあるとの報道もありましたが、
それにしても・・・・情けないの一言です(^^;

それでは、解説といきますか・・・・・。

昨日のユーロドルは一昨日は日足で陽線確定となりましたので、
その陽線安値ブレイクでの下落をイメージしていたのですが、
急に所要が入りトレードできず・・・・・・(^^;
よって、本日26日の相場展望とさせていただきます・・・。

チャートは先ほど9:55ぐらいにアップしたものです。
日足から・・・・・・・・・・・・・・・・。
日足
昨日の下落で、BOXレンジの底の週足のサポレジL(緑線)付近まで落ちてきました。
現在は少々反発しています。
ここを抜けると・・・という局面に来ているので、
注意してみていきたいですが、「底を抜けた!!」と勇んで仕掛けると、
すぐに戻されて大きく損切というパターンにもなりかねますので、
慎重に値動きをみていく必要があります。。。

4時間足です。
4時間足
4時間足を見る限り、MACDがDJの気配が出ています。

1時間足です・・・・。
1時間足
4時間足でDJの気配ですが、3条件が揃えば仕掛けていく事も必要で。
慌てず騒がずですね(^^)。

まとめ・・・・。

日足でのBOXレンジの底にきた事で、
1.ここからレンジ脱出となるのか?
2.それとも大きく反転上昇となるのか?
この2つに絞ってみていく事になります。

以上です・・・。それでは、また(^^)。


平成30年4月25日(水) ユーロドル相場展望

おはようございます。
大阪は雨模様ですが、午後からは回復するような感じです。

ここのところ、いつも見ていた情報バラエティー番組しかり報道番組を、
見たいと思わなくなりました(^^;
与党も与党ですが、野党も野党で・・・・・。
そして、メディアの偏向報道もひどいものですし・・・。

もう・・・うんざり・・・。

その分相場に集中していきたいと思います(^^)。

昨日24日(火)のユーロドルの相場は、
下降トレンドも一息をついた調整の動き。
上に私にとってはチャンスはなく静観の日となりました。
そして本日のチャートです。(9:20頃)

日足です。
日足
一昨日に週足のサポレジL(緑線)を割ってきて、
昨日は調整の動きで反発陽線。
次の展開としては・・・・・。
その下の週足サポレジL(緑線)まで落ちるのかどうか・・。
下の週足サポレジを割るような事があれば、BOXレンジからの脱却?
が見えてきますね。

4時間足です・・・・・・。
4時間足
下降のTRを引いてみました。
戻りの上昇がこのTRで抑えられています。
ここを抜けるか、抑えられて落ちるか・・・。

1時間足です・・・・・・・。
1時間足
MACDを見ると・・・。
MACDのDJとダブルボトムからの上昇が、下降TRに達しています。
そして、MACDがレベル表示の「0 」を超えてきました。
さてさて・・・・・・・。

わたしの見解は、現状は調整の動きで優位性の判断はできないが、
1時間足での3つの条件からすると狙いは上昇となる。
但し、75SMAを超えてからのチャンスが無難かなぁ~。

4時間足と1時間足での3条件の優位性が一致しないので、
そこのところ踏まえて相場を見ていきたい。

考えなくても判断できる状況になるまで待つのも正解です。
ルールがはっきりしている以上、考えるという行為はいらないはず。
それでも考えているという事は、
それは考えているのではなく、ただ単に迷っているだけ。
迷っている時は行動に起こさないように、私はしています(^^)。

それでは、本日も粛々と相場を見ていきたいと思います。(^^)。


平成30年4月23日(月) ユーロドル トレード解説

おはようございます。
大阪は今日の午後から明日にかけて雨模様らしいです。
たまには雨も降らないと・・・。

エンジェルスの大谷選手が4番を打ちましたね(^^)。
一年を通して活躍すれば本当にすごい事です。
もちろん期待をしています(^^)。

(阪神の藤波はどないしたんや!?)

それでは、昨日23日(月)のユーロドル トレード解説です。
チャートは昨日23日の10時頃です・・・たしか・・(^^;

まずは日足から・・・・。
日足
BB+2σからBB-2σ&週足のサポレジL(緑線)まで落ちました。
その下落を1時間足で仕掛け利益確定が昨日のトレードでした(^^)。

4時間足です・・・・・。
4時間足
白太線で下落を表しましたが、仕掛けた下落は3回目の下落という事で、

値動きは直近の動きを継承する。
継承する動きは3回まで。

という観点から・・・・・・・・・・・・・・・・。
3回目の動きになるので、初めから週足のサポレジL(緑線)での決済をイメージ。
チャート中央やや左の週足サポレジL(緑線)は、
ダブルボトム形成で上昇開始しております。
意識されるサポートと判断していました。

1時間足・30分足です・・・・。
1時間足
30分足
ここはもちろん4時間足サポレジL(黄線)の安値のブレイク狙いですが、
その手前で小さな安値を形成し、その安値ブレイクで仕掛け、
一応(^^; 
4時間足サポレジL(黄線)タッチで一部を成行利確決済+11.0Pips。
残りでブレイクをまちました。

ブレイク後、30分足でも1時間足での小さな陽線出現の時点で、
残りポジションの利確決済でもOKです。
私は、サポートとなっていた4時間足サポレジLが、
今度はレジスタンスとして下落の戻りの上昇を抑えつパターンを想定し、
ここは待ちの姿勢・・・。
そして週足サポレジL(緑線)で反転下ヒゲを付けた陰線確定で、
残りポジションを利確決済としました。+39.0Pips

以上が昨日のユーロドルのトレード結果です。

簡単に言うと・・・・・・・・・・・・・・・・・。
狙いは週足のサポレジLでその前に4時間足サポレジで分割決済。
利益を確保した状態で、最終目標を狙う・・・ですね(^^)。

ここで、最終目標は週足のサポレジL(緑線)ですが、
そんなにきちっとじゃなくていいですよ(^^;
下ヒゲを付けたロウソク足が連続した時点で決済でも結構です。

なぜ、部分決済をするのかを考えると、
「無理なく目標を狙う」事が大前提ですから、
ヒヤヒヤしながら待つのもメンタルがやられます。(^^;

目標の7~8割ゲットでいれば合格というくらいの気持ちで、
行動してください(^^)。

それでは、また明日・・・・・。


平成30年4月23日(月) ユーロドル 相場展望

おはようございます。
昨日の大阪は暑かったです(^^;
皆さんの地域はどうでしたでしょうか?
今朝の情報番組での最高気温の予想では、
大阪は-1度でしたが、仙台では-16度(^^;
今年の天候不順は激しいですねぇ~。
これも地球温暖化の影響でしょうか?

それでは、本日23日(月)のユーロドル相場展望といきます。
チャートは先ほど9:35くらいのものです。

日足チャートです・・・。
日足
BOXレンジの中の下落です。下にBB-2σや日足のサポレジL(赤線)があり、
そのあたりを意識しながら値動きを見ていく事になると思います。

4時間足・・・。
4時間足
現在上ひげ陽線が形成中です・・・・。
その安値ブレイクで仕掛けても・・・・・?
ただ2つ前の大きな下ヒゲを付けた陽線の存在が怖いですね(^^;

1時間足です。
1時間足
MACDがGCとなってしまいました。
DCになるタイミングかもしくはDCになってからのチャンス・タイミングを待っても
遅くはないような気がします。
月曜日相場という事もあって大きな動きはどうかな?
まぁ~無理をせずというところでしょうか・・・。

私の見立ては以上です・・・・・。
それでは、今週も粛々とトレードをしきたいと思います。

それでは、あmた・・(^^)。

平成30年4月20日(金)ユーロドル トレード解説

おはようございます。
今日は暑くなりそうですね(^^;

それでは、昨日20日(金)のユーロドル トレード解説です。
チャートは本日の朝に保存したものです・・。

日足から・・・・。
ユーロドル日足 
BOXレンジの中の下落ですね。3本のMAを割りました。
4時間足サポレジL(黄線)で下落が見事に止まり反発。
1時間足・30分足でこの下落を取りました(^^)。

4時間足です・・・・。
ユーロドル4時間足
仕掛けたところは10EMAタッチで下落再開となり、
その下落を安値ブレイクで仕掛け決済は分割としました。

1時間足・30分足・・・。
ユーロドル1時間足
ユーロドル30分足
仕掛けから直近の4時間足サポレジL(黄線)での一部利確と思いましたが、
思いのほか止まる事なく落ちましたのでそのままスルーして、
その下の日足サポレジL(赤線)で小さな陽線形成あたりで、
一部利確決済としました。+27Pips
そして、その下の4時間足サポレジL(黄線)目標としていたのですが・・・。
そのサポレジLでの利確注文でもよかったのですが・・。
上ひげだけの陰線がでた事で欲がでてしまい、
その陰線の高値ブレイクで利確決済注文を入れて就寝としてしまい、
朝チャートを見ると、その4時間足サポレジL(黄線)タッチで、
しっかりと反転陽線形成で利確決済となっていました(^^; +47Pips

う~ん、この決済は中途半端な決済となってしまった(^^;
結局、欲をかいたために、決済の基準が曖昧になり、
しかも利益を取り損ねてしまったという、最悪な結果(^^;
猛省が必要です!!

欲をかいたらかいただけ損をする。

今だにこれですから、まだまだ修行がたりません。(ーー;

仕掛けを悪くなかったですので、この週末で気分を入れ替えて、
来週に臨みたいと思います!!

それでは皆さん、良い週末をお過ごしください!!



平成30年4月20日(金) ユーロドル相場展望

おはようございます。
今日の大阪は良い天気です(^^)。
気温もぐんと上昇するようです。

それでは、さっそく昨日19日(木)のユーロドルのトレード解説!
といきたいところでしたが・・・・・・・・・・。。
昨日も仕掛けるポイントもなく静観でしたので、
本日20日の相場展望といたします。

チャートは本日9:03頃のものです。
日足です・・・・・・・・・・。
日足
BOXレンジ継続中・・・。
75SMAと2本のMAが接近しています。
BBの幅も狭くなりつつあります。
今週は動きはなさそうですね(^^;
大きな動きがあるとすれば・・・来週あたりからかなぁ~なんて。
勝手に思っていますが、根拠はありませんので(^^;
チャートは常に見ていかなければいけません。

4時間足です・・・。
4時間足
上昇のTRを割ってきました。
下に75SMAが受けています。
このあたりをさらに割っていけば下落が進みそうな気配です。

1時間足です・・・・。
1時間足
下にある1時間足サポレジL(青線)と4時間足サポレジL(黄線)の間。
ここが狙えそうな感じもしますね(^^)
米市場から日本市場に時間が移ってから、
値動きも小さくなっていますので、様子を伺いながら、
先ほどのポイントを見ていきたいところです。

そんな感じです・・・・。

それでは、また・・・。(^^)

平成30年4月19日(木) ユーロドル 相場展望

おはようございます。
昨日18日(水)のユーロドルは、私にとってはチャンスがなく、
見送りの一日となりました。

そこで、現在9:12のチャートで本日の相場展望という事で、
見ていきたいと思います。

まず日足から・・・。
日足
BOXレンジが続いている状況で、BBの幅も狭くなってきています。
値動きも限定的になっており、MACDもレベル表示の「0」ライン付近を、
横ばい状態になっています。
こういう相場ですので、大きく狙う状況ではない事を念頭において、
トレードしていく事が必要かと思います。

そういう状況を踏まえて・・4時間足・・。
4時間足
上昇のTR(白太線)で見事に反転大きな陽線形成。
この上昇TRが意識されていると判断しても、間違いではなさそうですね。
という事は、この上昇TRを下に抜けると、相場が乱れて、
その後下落へと転換していく可能性を秘めているという事にもなります。

結局昨日は十字線で終わったように、
始まりは下落ではじまり、反転上昇も始まりの位置に戻った・・。
「何がしたいねん!」「どないやねん!」
相場でしたね(^^;
MACDも抑揚がなくなってしまっています。

1時間足です・・・。
1時間足
昨日は5分足などの短期トレードをされている方には、
チャンスがあったと思いますが、1時間足をメインにしている私には、
入るチャンスは訪れず・・・・。
上昇TRでの反転を見越しての逆張り仕掛けも格好いいですが、
私にはできず・・・(^^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
という事で、ユーロドルの相場としては、
大きく動くのを何度もトライして狙っていく事はせず・・・。
大きく動くのを待って、その後の動きを判断して仕掛けていく。
当面はこの戦術となりそうです。

1年を通して相場を見ていくと、必ず2~3ヶ月はこういう状況があります。
それが、今なのかどうかは1年経ってみて初めて分かる事。
この4月だけでもみ合いが終わるかもしれませんし、
それこそ3~4か月、もしくは半年続くかもしれません。
そうなれば、そうなった時に自分はどうするのかをきちんと準備しておくこと。
まだ見ぬものに対して思いを巡らすのではなく、
どう相場が動いたら自分はどう行動するのか?
3~4パターンくらいを明確にしておく事ですね。
それ以外の動きになったらどうする?
簡単な事です・・・・静観です(^^)。
考える必要はないのです、ただただ静観です。

相場から利益を取るために必要な事は、
何度も言いますが・・・・・。
自分にとって仕掛ける事ができる動きになるまで待つ事です。
ただただそれだけです。

考える事も案ずる事もありません・・・・・。
・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・。

考えますよね!(^^;
人間ですから・・。

そんな時は、チャートを見るのは10分以内と決めて、
それで判断でいないときは、
自分にとってチャンスではない状況という事にして、
PCをシャットダウンです(^^)。

焦らず、煮詰まらず・・・。
粛々と相場を見ていきましょう(^^)。

それでは、また明日・・・。



平成30年4月18日(水) ユーロドル トレード解説

おはようございます。
今日も大阪は曇り空ですが、ところどころで青空も少し・・・。

それでは、さっそく、昨日18日(水)のユーロドルトレード解説です。
チャートは昨日18日22:00頃です。
日足です・・・・。
ユーロドル日足 
BOXレンジの中を上下動している動きになってきました。
BBの幅も狭くなってきており、エネルギーが凝縮されてくれば、
何かのタイミング、きっかけでブレイクとなるかもしれませんね。
昨日はBB+2σあたりまで一旦上昇して反発の下落となりました。
私は、BB+2σまでの上昇を1時間足・30分足でとりました。

4時間足です・・・。
ユーロドル4時間足
4時間足サポレジL(黄線)とBB+2σが接近している高値ブレイクで、
上の1時間足サポレジ(青線)で反転で一気に下落となっています。

1時間足・30分足です・・・・。
ユーロドル1時間足
ユーロドル30分足
仕掛けのタイミングは、あくまで4時間足サポレジL(黄線)高値ブレイク狙い。
その下の小さな高値ブレイクで入り、問題の4時間足サポレジL(黄線)タッチで、
一部を成行利確決済・・・念のため(^^; +6Pips
残りで4時間足サポレジL(黄線)ブレイクを狙い、
その上の1時間足サポレジL(青線)を一度抜けてから、
小さく上下したところで残りを利確決済としました。+20Pips

4時間足で高値をブレイクしましたが、MACDはDJの気配もあり、
日足でもBBの幅が狭くなってきており、+2σも近いことから、
一応、値幅は求めず、近い反転材料の1時間足サポレジL(青線)を、
最終ラインとして全利確決済としました。

BOXレンジが収縮してきていますので、
危機管理と言いますか、いつ反転を食らってもおかしくない状況ですので、
ここは利益のあるうちに確定を優先しました。

以上が昨日のトレード解説ですが・・・・・・。
30分足で赤丸で囲った下落ですが・・・・・。

結果的にきれいな下落となり取れそうですよね。
ここを取りにいくかどうかというところです。
見ての通り4時間足の上昇のトレンドラインまで落ちてきたのですが、
上昇トレンド中もの戻りの下落となります。
そこを取りにいくかどうか・・・。

これはトレードするうえで、一番迷う場面ですね。
今回は30分足を見る限り、戻りの上昇が10EMAあたりで反転陰線確定。
このタイミングで成行で入っても良さそうです。

何度も言いますが、日足でBOXレンジで、そのレンジ幅も収縮している状況。
こういうきれいに下落されると・・・。あぁ~見送りは失敗か!!
と思ってしまうのですが・・・・。
そこから本当に下落となっていくのであれば、
上昇TRを割ってからのチャンスを待っても十分遅くはない。
私はそう考えます。
その方が、多くのトレーダーが下落狙いに的を絞りやすく、
その方向に動きやすくなるからです。

全ての値動きを捉える事はできません。
危険を敏感に察知しながらも、大胆さを失わず・・。
難しいですけどね(^^;
私もまだまだ修行が足りませんし、トレードを続けている限り、
欲求との闘い修行は続くわけです。
これも、相場で闘っている事を実感する事の一つですね(^^)。

修行の日々は続きます・・・・・・・。

それでは、また明日・・・(^^)。


平成30年4月16日(月) ユーロドル トレード解説

おはようございます。
今日の大阪は午後から雨模様という事もあってか、
冷えますね(^^;
暖かい日と冷え込む日があって体調管理が難しいですね。
皆さんも気を付けてください。

それでは、昨日16日(月)のユーロドルのトレード解説です。
チャートは16日22:25頃のものです。
日足から・・・・。
ユーロドル日足 
BOXレンジの中の上昇が中央の2本のMAを上に抜けてから戻り、
その戻りの陰線がしっかりとしていたので、
再度2本のMAを下に抜けるイメージもあったのですが、
4時間足サポレジL(黄線)で支えられ上昇の再開となりました。
その上昇を1時間足・30分足で取りました(^^)。

4時間足です。
ユーロドル4時間足
4時間足の大きな流れで見ると、値動きもMACDもダウ上昇の定義が成立中。
1時間足のサポレジL(青線)と20SMAが重なったところを、
大きな陽線で一気に抜けましたが、この上昇は取れていません。
この大きな陽線出現確定した事で、優位性は上昇と判断でいるようになった。
そして、その後の上昇を1時間足・30分足で仕掛けました。

1時間足・30分足です。。。。
ユーロドル1時間足
ユーロドル30分足
大きく伸びる原因としては何かしらで「反発する」事が必須となります。
仕掛けるタイミングとしても重要です。
その反発する材料としては、直近の高値・安値やMAがわかりやすいですね。
今回は1時間足・30分足のそれぞれの10EMAで反発が、
重なり絶好のブレイクポイントとなりました。(^^)。
30分足を見るとわかりやすいですが・・・・・。
大き目の陰線が10EMAまで落ちました。
反発する材料に接したわけですね。
この直前に高値ブレイクの仕掛けを入れました。
そして一気にずど~~~ン(^^)。
米経済指標の発表が後押しした形となりました。

5分足や1分足での短期トレードをされている方は、
米経済指標発表時は、値動きが乱高下する事で、
損切になってしまった後に仕掛けた方向に値が伸びて・・。
みたいな事もよくある事ですね。
ただ、1時間足くらいになってくると、そんな動きも、
1本のロウソク足の中に淘汰されてしまう事もあるので、
米経済指標での活発な動きを逆に利用することになります。

以上が昨日16日のユーロドル トレード解説です。
それでは、また明日・・・。(^^)