FC2ブログ

2018年08月の記事 (1/3)

平成30年8月31日(金)ユーロドル相場展望

おはようございます。
まだまだ暑い日が続きますね(^^;
台風がまた近づいてきています。
今回もかなり勢力の大きい台風みたいで、
被害が大きくならなければと思います。

それでは、本日31日(金)ユーロドル相場解説です。
チャートは先ほど9:25頃のものです・・・。
日足から。
日足
昨日は上昇の中の戻りの下落陰線確定となりました。
75SMA・4時間足のサポレジL(黄)・そして10EMAが近づいてきて、
強力なサポートとなりそうな気配ですね。
そこまでの下落を狙うか?
それともそこまで落ちるのを待ってから反転上昇を狙うのか?
その2つになってくるかと思います。

4時間足です。
4時間足
4時間足を見る限りは、日足での・・・、
「そこまでの下落を狙うか?」で狙いたくなる展開ですね(^^)。

1時間足です。
1時間足
直近の4時間足サポレジL(黄)までを狙うのか?
それともその4時間足サポレジL(黄)を割る仕掛けで狙うのか?
私としては、4時間足でチャンスがあるのなら、4時間足優先ですが、
日足のサポート郡での反転もあるので、
1時間足で様子を見ていきたいと思います・・。

そんなところです。
それでは、また(^^)。
スポンサーサイト

平成30年8月30日(木)ユーロドル相場展望

おはようございます。
8月も終わりですね。
私が小学生の時は、この時期が嫌で嫌で仕方がなかった(^^;
野球に勤しんでいましたから、練習も合宿も大会も終わり、
学校のプール解放もなくなり・・・・・。
楽しい事が一切終わって、学校が始まる・・・。
こんな嫌な時期はありません(^^;

今の学校はどうか知りませんが・・(私は子供がいないので)、
私が小学生の頃のほとんどの小学校の教室には、
クーラーなんぞありませんから、
暑い教室で授業・・・身に入るわけもなく(^^;
伊丹空港(その頃は関空はありません)周辺の小学校は、
騒音対策で2重サッシでしたので、空調完備でしたが・・・。

まぁ~憂鬱な時期でしたね・・。(^^)

話がずいぶん脱線しましたが、本題に入ります。
8月30日(木)ユーロドル相場展望です。
チャートは先ほど9:15分ごろのものです。
日足から・・・・。
日足
昨日も書きましたが、上には各時間軸のレジスタンスLがあり、
仕掛けていくには怖いポイントでもありますね。
知らぬ間に、一気に抜けてくれればと願うばかりです(^^;

4時間足です・・。
4時間足
上昇中の戻りの下落となる三尊天井の後に上昇して現在に至るですが、
MACDがDJの気配を醸し出しDC中で横ばいの動きにもなってきました。
短期トレードが活躍する展開かもしれません。
そうなると、私から見ると上下動の繰り返しとなり、
仕掛けていくのは危険ですけどね・・・・・(^^;

1時間足です。
1時間足
まぁ~様子を見ましょうか(^^;
今週は目立った動きはなさそうかなぁ~なんて、
勝手な根拠のない決めつけはいけませんが、
相場を注視しながら静観というのが現状かとも思います。
ハイ!

それでは、また・・・・。

平成30年8月28日(火)ユーロドル トレード解説

おはようございます。
大阪は・・・・全国的かもしれませんが・・・。
湿気が多く、暑いというか蒸し風呂に入っている(サウナと言え! ^^; )
そんな感じですね・・・・。

それでは、昨日28日(火)ユーロドル トレード解説です。
チャートは先ほど9:50頃のものです。
日足から・・・・・
日足
相場の転換点として見ている75SMAを超えていき、
相場全体が上昇相場に入ってきました。
昨日の注意点としては、すぐ上に日足のサポレジL(赤)とBB+2σが重なり、
ここで上昇が抑えられる可能性があったところですね。
結果的にそこまでの上昇を4時間足のスキャルで仕掛け利確。
それが昨日のトレードとなりました(^^)。

4時間足です。
4時間足
Zigzagのインジケーターは反応していませんが・・・。
上昇からの横ばい状態で10EMAに達してから反転、下ヒゲの陽線確定となり、
そこからの上昇でブレイクですね。
利確基準はフィボナッチを採用。
上に日足のサポレジL(赤)や4時間足のサポレジL(黄)。
そして日足チャートを見ると日足のBB+2σという、
レジスタンスが強力ですので、日足のサポレジL(赤)まで狙うより、
その下でのスキャル対応の利確としました。 +45Pips

1時間足で見るとこんな感じ・・・。
1時間足
結果的にはフィボナッチの利確1のラインまで上昇しましたが、
まぁ~強力なレジスタンスが上に鎮座していますので、
フィボナッチの「スキャル」のポイントで利確としました。

さて、これからの展望ですが・・・・。
この強力なレジスタンス郡をどう突破していくのか・・・。
突破できずに下落再開の可能性もありますし、
しばらくレンジ状態が続くかもしれません。
思っているよりも、以外にあっさりと突破するかもしれません。
結果はどうあろうとも、優位性は上昇にありますので、
上昇を基準に相場を見ていく事になります。

難しい局面と感じた時は、一生懸命考えない事です。
自分のトレードルールができているのなら、
相場がどうであれ、自分のルールにしたがって行動するしかない。
考えても結論はでません(^^;
自分のトレードルールができているのなら、
考えなくても結論は出ているはずです。

何度も言いますが、考えている状況は、実は殆どが、
「迷い」「不安」・・・・です。
そんな時は相場から離れればいいのです。
そして、自分が自信を持って行動できる時だけ、
行動に移せばいいのです。
行動に移すとは仕掛けるという事ではありません。
自分のトレードルールに従って実際に行動する事です。

私のトレードルールでは・・・。
優位性は上昇にあるので、仕掛けるとしたら上昇狙い。
強力なレジスタンスでの跳ね返しに注意が必要ですから、
スキャル対応が適当。
「迷い」や「不安」を感じたら静観。
ただ・・・それだけです(^^)。

それでは、また・・・・・・。

平成30年8月27日(月)ユーロドル トレード解説

おはようございます。
昨日27日(月)のユーロドル トレード解説です。
チャートは先ほど10:00ごろのものです。

日足から・・・。
日足
昨日の米時間で相場の転換ポイントである75SMAを超えていきました。
昨日のトレードはこの上昇を4時間足での仕掛けでスキャルでとらえました。
相場の転換点という事でブレイク後すぐに戻す事もあるので、
スキャルという判断にしました。
そして日をまたぐ事もスキャルの判断の要因となっています。

4時間足です。
4時間足
フィボナッチでの利確です。
利確したポイントは、チャートの左に目を向けると、
10EMA(白)と20SMA(水色)が交差する前の陽線の高値付近と合致します。
この高値から下落が開始されていますので、注目すべき高値でもありました。

1時間足で見ればこんな感じ・・・・。
1時間足
起きている時間であれば、部分決済を活用したかもですね。

以上が昨日の仕掛けの解説です。

本日の相場展望としては・・・・・。
優位性は上昇に違いなく、ルールに従った仕掛けをしていくだけです。
チャンスが来れば・・・です(^^)。

それでは、また(^^)。

平成30年8月27日(月)ユーロドル相場解説

おはようございます。
昨日は私はゴルフに行ってまいりまして、
またもや真っ黒に日焼けしてきました(^^;
顔と腕だけが日焼けで真っ黒ですが、
他の部位は色白・・・・・。
風呂に入るたび、体がおかしな事になっていくのを実感しております。(^^)

それでは、本日27日(月)ユーロドルの相場解説です。
チャートは先ほど10:28頃です。
日足から・・・・・。
日足
見事なV字反転の上昇が75SMAまで到達してきました。
大きな相場の転換期になってきた感じですね。
この75SMAを超えていくと、相場が上昇へと向かっていくイメージ。
ここで反転を食らうと、まだまだ混迷が続く展開へになるイメージ。
そんなところでしょうか。
そして赤丸で囲ったところ。
ここは金曜日のブログで書いた「4時間足の三尊天井」の動きについて・・・。
同じような値動きでも、その場所で違って動きになっていく可能性を示唆しました。
左側は2本のMAで抑えられる形。
右側は2本のMAで支えられる形。

4時間足です。
4時間足
4時間足では相場の大きな流れの分岐点である75SMAの存在が光ります。
75SMAでの戻りの上昇で三尊天井の形となり下落。
片方が75SMAを抜けて戻りの下落が三尊天井の形となり、
再度上昇となっていきました。

金曜日にも書きましたが、
どのような相場状況なのかをきちんと把握しておく事が、
非常に大事である事が、今回の三尊天井出現で分かると思います。

一つの時間軸にかかりっきりになってしまうと、
大きな流れを見失います。
特に、短期トレードをされている方は、
目先のちょこまかした動きに惑わされがちです。
しっかりと大局を把握した上で優位性の高い方向を注視する。
トレードしていく上の基本だと思います。

相場展望としては、日足のところで書きましたように、
相場の大局が変わる可能性があるポイントまで動いてきましたので、
その事のところを注視してみていく必要があると思います。

それでは、また・・・・。

平成30年8月24日(金)ユーロドル相場展望

おはようございます。
台風が過ぎ去りました・・・。
大阪でも私の住んでいるところは、夜中に風が強いなぁ~という程度で、
雨もそれほどでもなく、町を見渡しても被害は見受けられませんでしたが、
兵庫県や和歌山では川の氾濫や、マンションの最上階の屋根?
の部分がめくれあがって落下していましたね。
幸い負傷者はいないようですが・・・・・・。
今もなお避難指示が出ている地域の皆さんは、
十分気を付けてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

それでは、本日24日(金)のユーロドルの相場展望です。
チャートは9:05頃のものです。
日足から・・・・・。
日足
ロウソク足が2本のMAの上に出て、昨日は陰線となり「押し目」をつけた格好です。
まだ2本のMAの位置関係の優位性が上昇となっていませんが、
20SMA及び10EMAをサポートとして反転上昇となれば、
2本のMAの位置関係の優位性も上昇となるような感じですね。

4時間足です。
4時間足
三尊天井の形となっていまして・・・・・。
チャートの真ん中より少し左に、同じような三尊天井の形があり、
そこからは下落となっています。
思わず、下落の仕掛けをしたくなりますね(^^;
ただ日足を見ると・・・・
もういちど日足です。
日足
その三尊天井は日足の2本のMAの下を推移しています。
今回の三尊天井は日足の2本のMAの上にあります。
同じ三尊天井の形をしているようでも、値動きの状況は違うわけです。
結果的に今回も下落となるかもしれません。
絶対に日足の10EMAや20SMAで反転する補償はないのですから・・。
ただ、4時間足での仕掛けの場合は日足の動向に従う方が無難だと思います。
仕掛けるとすればそれより小さい時間軸での仕掛けとなります。

1時間足です・・。
1時間足
小さいロウソク足が続いています。
直近の最安値ブレイクでのスキャルですかね、仕掛けるとすれば・・・。

そんなところです・・・。

それでは、皆さん良い週末をお過ごしください(^^)。

平成30年8月23日(木)ユーロドル相場展望

おはようございます。
台風が・・・・近畿を直撃する模様です。
今晩から明朝にかけて・・・・・・。
注意しようにも何もできないのですが・・・・・・。
「すごい台風がやってくる」との認識は必要のようです。
被害が最小限になる事を祈るばかりです・・・・・。

それでは、本日23日(木)ユーロドル相場展望です。
チャートは先ほど9:20頃のものです・・・・。
日足から・・。
日足
下落から「V字反転」の様相で上昇となり、
日足のサポレジL(赤)付近まで上昇した後、
現在は少し戻りを付けている感じです・・・やっと小休止?
2本のMAの上に完全に出てきましたし、あとは75SMAを抜けていくかどうか。
それによって相場の方向性が見えてきます。

4時間足です。
4時間足
この上昇で私が仕掛けたポイントは2つ・・・。
日足での見立てで、下落の中の戻りの上昇からトレンド転換か?
と思わせるような勢いのある上昇の中でのスキャルでした。
日足サポレジL(赤)に到達する上昇は見送り。
昨日も書きましたが・・・・・。
値動きの継続性の観点、そしてエリオット波動論での、
「相場を形成する値動きは3回の上昇と2回の下落」
の観点からも、4回目の上昇と判断して見送りとしています。

そして、ここからBOXレンジの様相となるのか、
それとも三尊天井(トリプルトップ)の様相となるのか・・・・。

BOXレンジの様相となれば、さらなる上昇がイメージできますし、
三尊天井の様相となれば、いったん下落するイメージができます。
そのあたりを注意してみていきたいところです。

ちなみに1時間ではこんな感じでした・・・。
1時間足

以上です。
それでは、また・・・・。

平成30年8月21日(火)ユーロドル トレード解説

おはようございます。
夏の甲子園・高校野球は大阪の桐蔭が貫禄勝ちと言った決勝でした。
今年は100周年記念として、、
甲子園を沸かしてプロで活躍された方々のレジェンド始球式があって、
盛り上がりに花を添えていました。
近年では、戦力が昔ほど強豪校に集中する事なく、
分散しているせいもあって、接戦が多くなり、
観客動員も年々増えている傾向にあるようです。
アジア大会も現在開催されており、水泳陣が好成績を出しています。
最近、アマチュアスポーツ界では、よいニュースがなかっただけに、
頑張って欲しいものです。

それでは、昨日21日(火)のユーロドルのトレード解説と、
本日22日(水)のユーロドル相場展望です。

チャートは先ほど10:25頃のものです。
日足から・・・・・。
日足
下落の中の戻りの上昇が大きくなり、10EMAを抜けていき、
その10EMAを超えていくのか、それとも反転下落となるのか?
そういう展開から下ヒゲ陽線で上に抜けて、
そして昨日はその勢いそのままにさらなる上昇で、
大きな陽線形成となりました。
昨日はその上昇を4時間足でのスキャルで仕掛けました。

4時間足です。
4時間足
日足で見る限り、戻りの上昇の勢いに乗った仕掛けですので、
反転の可能性は常にあり、4時間足で仕掛けましたが、
スキャル対応での利確としました。 

1時間足です。
1時間足
利確の基準はめぼしいサポレジLがなかった事もあり、
フィボナッチでのスキャル利確としました。 +22.7Pips

相場全体の動きとしては、日足を見る限り・・・・。
日足
優位性の3条件は2つのMAの位置関係以外は上昇を示しており、
また、ロウソク足もしっかりとした陽線が継続しており、
上昇トレンド開始! とまでは行きませんが、
どこかで押し目を付けてから、再度上昇が始まった時に、
上昇トレンド発生という判断になろうかと思います。

但し、上に数多くの各時間軸のサポレジLがあり、
大きな上昇のエネルギーが必要な展開でもあります。

中期的な相場で見ると・・・(4時間足)
4時間足
下降から上昇への転換はすでに終わっており、
Zigzagによる値動きから、現在の上昇は3回目の上昇と判断できそうですので、
ここからの上昇の仕掛けは注意が必要かと思います。
(値動きの継続性・3つの理論のまとめ を参照)

以上です・・・それでは、また(^^)。




平成30年8月21日(火)ユーロドル相場展望

おはようございます。
台風が連続して日本列島に接近ですね。
関西は週末は天気は回復するようですが・・・・。
この台風が去ったあと、少しでも暑さが和らげばと思います。

それでは、本日21日(火)ユーロドル相場展望です。
チャートは先ほど9:30頃のものです。
日足から・・・・。
日足
下落の戻りの上昇が、10EMA&下降のTRを抜けていきました。
これで一連の下落は終焉と判断し、現在は上昇と下落の分岐点に入った。
ここから10EMAをサポートとして20SMAまで上昇するのか、
それとも・・・・という展開ですね。
昨日お伝えしましたように、下落の戻りの上昇の陽線が、
ヒゲがほとんどない実線と昨日は下ヒゲ陽線という、
強い組み合わせとなりましたので、
利確決済の買いと新規買いが合わさったのかなぁ~という感じ。

4時間足です。
4時間足
Zigzagでの高値・安値もダウ上昇の定義をしめしており、
下降のTR、75SMAを抜けていきました。
強い上昇ですね。
このブレイクの上昇を仕掛けたいところでしたが、
日足の10EMA、下降TR、4時間足の75SMAと、
値動きの判断の基準となるものが重なったポイントでもあり、
ここは静観として、次の局面を迎える事としました。

1時間足
1時間足
4時間足を見れば「仕掛けた~い」と思いますが、
1時間足を見る限り・・・・・ですよね(^^;
4時間足サポレジL(黄)・BB+2σ・下降TRで、
何度も抑えられながらの上昇でした。
1時間足で仕掛ける私としては、
ここに手を出すと、心臓バクバクの連続で、
とてもじゃないですが、こんなトレードをしていたら、
心も体ももちましぇ~ん(^^;

という事で、次の展開でのチャンスを待ちたいと思います。
それでは、また・・・・。

平成30年8月20日(月)ユーロドル相場解説

おはようございます。
台風が連続で発生していますね。
その影響か・・・。
涼しくはないですが、だいぶ暑さが和らいだ感じがします。
でも、32~33度で「暑さが和らいだ」と感じる方が異常かも(^^;
これからは、そういう夏になるのでしょうかね。

それでは、本日20日(月)ユーロドルの相場解説です。
チャートは先ほど9:25頃のものです。
日足から・・・・・・。
日足
下降も戻りの上昇が10EMA付近まで到達。
さて、この10EMAで反転となるか?突き抜けるのか?
優位性は3条件からみて下落にありますので、
10EMAで反転下落をイメージしながら、
戻りの上昇のロウソク足が大きく、足がちいさくほぼ本体のみですので
強い上昇と判断されますから、突き抜ける可能性もあります。
ただ、私は10EMAで反転下落のイメージを中心に見ていきます。

4時間足です・・・・。
1時間足
下降のTRを黒太線で引いてみました。
日足の10EMAとこの下降TRがほぼ同じくらいの位置にあるので、
このあたりの攻防かと・・・・・。
このTRを超えていき押し目を着けたら、
上昇仕掛けのタイミングと判断してもいいかなぁ~と思っております。

1時間足です。
1時間足
仕掛けたくなる展開ですね(^^;
ただ、4時間足の下降TRや日足の10EMAがこの上にあるのです。
ここは、危機管理意識を存分に発揮して、
静観もしくは下落でのチャンスを待つイメージを持っています。
月曜日相場でもありますしね・・・。

以上が本日20日のユーロドルの相場展望です。

お盆休暇も終わり、重い体を動かし重い頭を動かし・・・・。
通常モードにもどりましょうね(^^)。

それでは、また(^^)。