平成30年5月7日(月)ユーロドル トレード解説

おはようございます。
GWが終わりましたね。
まだまだ体が仕事モードになっていない方もいるのでは?(^^;
GWは仕事で忙しく、これから休みを取る方もいるでしょうね。

私は平常運転でトレードをしていました(^^)。
一昨年の夏に離婚もして、ある意味自由ですから(^^;

それでは、昨日7日のユーロドルのトレード解説です。
チャートは昨日7日の22:00~22:30頃のものです。

それでは、日足から・・・・・。
日足
陽線が出現した事で、下落の戻りの動きとなり、
下落狙いの仕掛けができそうな状況となっており、
仕掛けていきたいところだったのですが、
下に日足のサポレジL(赤線)があり注意が必要な場面でした。

4時間足です。
4時間足
日足のサポレジL(赤線)まで一度落ちてから見事に反発(^^;
その後、20SMAで抑えられるような恰好で陰線となり、
その時点での新規売りでもOKかと思いますが、
MACDがまだGC中という事が懸念材料としてありました。

1時間足です。
1時間足
仕掛けのポイントは見ての通り。
4時間足でのMACDがまだGC中という懸念材料あるので、
日足のサポレジL(赤線)付近まで落ちた陰線確定で、
成行で一部利確決済+7Pips。
残りでブレイクを狙いましたが・・・・・・。
4時間足のMACDの懸念材料の影響かどうかはわかりませんが(^^;
完璧に戻りました(^^;
陰線の高値に利確決済をトロールしていったのですが、
大きな陽線で約定となってしまいました+5Pips

まぁ~仕方なしですね。
金曜日の米経済指標の雇用統計後のしかも月曜日ですから、
チャンスがあった事、そして利益が取れた事でも、
「OK」としなければいけませんね(^^)。

以上が昨日月曜日のトレードでした。

余談ですが大事な事・・・。
レバレッジ規制ですが・・・・・。
多分現状の25から10に落ち着きそうだという情報が大半ですね。
私は今年に入ってから海外業者FXDD日本口座を開設。
国内業者との併用で運用していますが、
いずれは、国内業者の3社は1社に絞って、
FXDDとの2社での運用にするつもりです。

こればかりは「何がいい」というものではありませんから、
自分のトレードスタイルに合わせて決めるのが一番ですね。

国内業者での低スプレッドで短期時間軸での、
スキャルトレードをされている方は、
海外業者の低スプレッドの業者を探すか、
スキャル手法は原則そのままで時間軸を大きくするかで、
スプレッドの影響を軽減していまうかの選択になりそうですね。
いずれにせよ、トレーダーの対応力にかかってくると思います。

相場が思い通りに動いてくれないのを嘆いてもしかたないように、
国の政策を嘆いていても仕方なく、
国が取る政策に対応していくのも、トレーダーの力量になってきます。
嘆く暇があれば、自分に何ができるのか?
何が足りないのか?を考えて、
足りないのであればそれを補う技術を身に着けるほかはなく。
しぶとく、粘り強く進んでいきましょう(^^)。

それでは、また・・・・。






スポンサーサイト

コメント

いつも拝見させていただいてます
いつも拝見させていただいてます

相場へのスタンス。物事の考え方
非常に勉強になります。

これからも勉強させていただきます(笑)

質問なのですが、海外業者FXDD日本口座を開設ということですが、この業者を選んだポイントがあればご教授お願います。
※詳細は存じませんがFXDDの評判を見る限り良い話が少なかったので
Re: いつも拝見させていただいてます
> いつも拝見させていただいてます
>
> 相場へのスタンス。物事の考え方
> 非常に勉強になります。
>
> これからも勉強させていただきます(笑)
>
> 質問なのですが、海外業者FXDD日本口座を開設ということですが、この業者を選んだポイントがあればご教授お願います。
> ※詳細は存じませんがFXDDの評判を見る限り良い話が少なかったので

おはようございます。佐々木です(^^)
私も実際のところ、レバレッジ規制が25になる頃から規制のない海外業者の口座を検討していましたが、
やはり・・・怖い(^^;
そしてネットから得る情報(業者比較サイトなど・・)は、良い情報はほとんどありませんでした。
ただ、あれから何年も経っていていろんな不具合の改善もなされたかなぁ~とは思っていました。
私はFXに関しては、あまり仲間というか、そんな集まりは持たないので、
あまりFX関連の交友関係はないのですが、その少ない関係の中でも、
海外業者も淘汰されて行って、現在は数年前とは違う状況だという事が見えてきました。
そして、ネットで検索される「業者比較サイト」なるものから得られる情報が、
古い情報が多いという事もわかりました。
なぜなら、そういうサイトを運営している方の目的は、
FX業者への新規顧客勧誘によるマージンを得るためですからね。
やはり、マージンがよい会社に仕向ける「印象操作」はあるものです(^^)。
特に、現在はレバレッジ規制が25から10に検討されている事は周知の事実。
よって、海外業者への顧客流出は国内業者にとっては死活問題ですからね。
最終的には実際にFXDDの日本口座を何年も運用している方に、
その内容等をメールでお伺いして、
現在の日本語のサポート体制なども聞いて、
以前とはかなり改善されている事も知り、
まぁ~、私がもつその方の信頼度もあって(^^;
今年に入って思い切ってFXDDの口座開設をしました。

開設直後の質疑応答のメール対応も素早く、丁寧に行っていただきました。
今のところは問題なく運用できています。
ただし、スプレッドは国内口座と比べると高く、
ドル円、ユーロドルでも2~3Pipsあるので、
短気トレードのスキャルには向かないですね。
私のトレードの基本の時間軸は1時間軸ですので、
普通にトレードできますが、開設運用当初は、
それまで、0.3Pipsとか0.5Pipsとかでトレードしていましたから、
「う~ん」という感じではありましたが(^^;
今では問題なくトレードできています。

海外業者でも格安のスプレッドで提供している業者はありますが、
日本語対応できる業者はほぼありません、私の知る限りは・・。
英語ができないと・・という感じです。

それと、なぜ今この時期に海外口座へ目を向けたか?
それは、レバレッジに規制が10になる事は止められないと思います。
それによって、海外口座への新規加入が殺到した時に、
口座開設にもたつき等が万が一出た場合、
ただでさえ、海外業者に対して不安があるのに、
そういう対応のまずさが出ると、二の足を踏みそうで・・(^^;
そうなると、条件が悪くなった状態での運用を強いられる。
それもどうかなぁ~と。
それで、規制が始まる今の段階で開設をして運用を始めておこうと思ったからです。

そんな感じです(^^)。

また何かありましたら、ご遠慮なく・・(^^)。

ご回答ありがとうございます
早々のご回答ありがとうございます

ご回答に納得です!

やはり噂は噂ですし、自分で経験・やってみないとわからないですよね。今の段階での開設さすがです。

非常に参考になりました。私も今後検討してみたいと思います。

実際に海外口座を利用してみての感想などもこちらのブログでご紹介していただけたら大変興味深いと思います。(すでに記事があったらすみません)

貴重なお時間をいただき
ご丁寧にご回答いただき誠にありがとうございました。

またコメント投稿の際には、ご返答いただけたら幸いです



管理者のみに表示