FC2ブログ

平成30年6月7日(木)ユーロドル トレード解説

おはようございます。
大阪も梅雨入りとなり、今週末は大荒れの天気とか・・。
おとなしく家でDVD鑑賞と行きましょうかね、週末は(^^;

それでは、昨日7日のユーロドル トレード解説です。
チャートとは先ほど9:27頃のものです。

日足から・・・・。
日足
上昇が20SMAを超えて一気に4時間足サポレジL(黄)まで上昇。
その上昇を1時間足でとらえたのが昨日のトレードでした(^^)。

4時間足・・・・。
4時間足
優位性の3条件が揃っていて「いい感じ」の場面でした。
1時間足や30分足で見ると上下動が目についても、
大きな時間軸で見ると、動きが淘汰されて絶好の仕掛けのポジション。

1時間足・・・・。
1時間足
MACDが横ばいになっており、そのまま「ずるずる」という気配もあり、
注意が必要という場面ではありましたが・・・・。
10EMAで反転できれいな陽線確定となった事で、
レジスタンスブレイクの仕掛けをしました。
この陽線が上ひげが大きい陽線なら見送りにしていたかもしれません。
MACDが横ばいずるずるの気配があったので・・。

ブレイク後に大きく戻して「ヒヤリ」としましたが(^^;
その後は一気に目標の4時間足サポレジL(黄)までいき、
少し戻したところで成行利確決済としました。 +35Pips

トレードは以上です・・・・。
そんなに難しいトレードではなかったですね。

4時間足で3条件がしっかりと揃っていて、
しかも押し目もきちんとつけての上昇ですのでね。

今日は米経済指標も主だったものはなく、
米朝首脳会談がどれくらい為替の動向に影響するのか知りませんが、
テクニカル裁量トレーダーである私には関係のない事で・・(^^;
(あくまでもトレードにおいては・・の話ですよ ^^ )
チャートに表示された「羅針盤」を基に、
自分の航海(トレードルール)をして、
海(チャート)に眠るお宝をゲットする(利確)。
時には、お宝や!!と思って手に取ったら、
呪われた宝箱やったり、
宝箱からモンスターが表れて怪我もしますが(損切)、
それでも、お宝さがしの冒険の旅は続きます(^^)。

ちなみに私は「ドラゴンクエスト」が好きです(^^)。

それでは、また・・・。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示