FC2ブログ

平成30年8月15日(水)ユーロドル トレード解説

おはようございます。
昨日で一般的なお盆期間は終わりました。
今週いっぱいは、交替でお盆休暇を取る企業もあると思うので、
実際は週明けでしょうね。

それでは、昨日15日(水)のユーロドル トレード解説です。
チャートは先ほど9:35頃のものです。
日足から・・・・・。
日足
見ての通り優位性は下落を示しています。
その状況で、日足のサポレジL(赤)を割っていくかどうか?
現在の相場の焦点はそこ一点でしょうね。

4時間足です。
4時間足
下から2番目の日足サポレジL(赤)を割っていく場面は、
就寝時間ごろで仕掛けずでした。
以前は「放置プレイ」を勤しんだものですが・・・・・(^^;

結果的に一番したの日足サポレジL(赤)まで落ちました。
私の昨日のトレードは、その日足サポレジL(赤)まで落ちたところと、
その後の一番下の日足サポレジL(赤)をブレイクする仕掛けの2つでした。

1時間足です・・・・。
1時間足
まずは、1.13284での売りの仕掛けで、一番下のサポレジL(赤)まで。
+13.4Pips
その後改めて、一番下の日足サポレジL(赤)ブレイクを狙いましたが・・。
ロウソク足の反転シグナルでの仕掛けですね・・。
見事に玉砕となりました(^^;

4時間足のBB-2σあたりでの反転となった格好です。
いいわけですが・・・・。
この4時間足の-2σの存在は薄々感じていたのですが・・・。
「行ってしまえぇ~~~」的発想で仕掛けてしまいました・・・。
その結果・・・・・案の定・・・・。
狙った結果ですから仕方なし。

以上が昨日のトレード結果です・・・。

本日のユーロドルも、結果的にこの日足サポレジL(赤)に対して、
値動きがどう反応するのか?
このまま反転上昇となっていくのか?
それとも、再度ブレイクを試みる動きになるのか?

こういう展開の時は、値動きそのものが様子見になるので、
一方向に動いた! と思ったらすぐに戻して・・・。
この繰り返しになる事があって、損切の嵐に巻き込まれる事が多くなります。
そして、嫌になって相場から離れると・・・・・。
大きなトレンドに乗り遅れる結果に・・・・。

相場から目を離さずに、でも目先の動きに惑わされずに・・。

それでは、また・・・(^^)。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示