FC2ブログ

平成30年9月18日(火)ユーロドル トレード解説

おはようございます。
その日によって、気温はほぼ同じでも湿度の関係でしょうか、
心地よく寝る事ができる夜と寝苦しい夜とありますね。
日が暮れるのもかなり早くなってきていますし、
秋はそこまできているような気配です(^^)。

それでは、昨日18日(火)のユーロドル トレード解説です。
チャートは先ほど9:25頃のものです。
日足から・・・。
日足
ここのところ日足を見ればわかるように、上下動を繰り返すレンジ相場。
よって仕掛けるとしたらスキャル対応となりますね。

4時間足です・・。
4時間足
水色〇で囲ったところ・・・。
陰線コマ足の上ひげの部分の上昇をスキャルでとりました(^^)。
でも・・・こうしてみれば、いかにリスクが高いかがわかりますよね(^^;
日足のサポレジL(赤)で見事に抑えられ大きく下落の後の上昇です。
10EMAで反転していなければ(はっきりと反転したきっかけがわかる)、
ここの上昇は見送っていたと思います。

1時間足です・・・。
1時間足
スキャル対応ですので、直近のサポレジLか、
もしくはフィボナッチを使った利確決済となります。
今回は直近のサポレジLは上の日足のサポレジL(赤)になりますので、
ここで大きく反転下落をした事を考えれば、
その手前で決済設定をすべきと考え、
フィボナッチでのスキャルポイントで利確注文を設定し、
そのポイントで利確約定となりました。 +7.8Pips

出来過ぎ?
いやいや普通ですよ、こんなのは(^^)。
日足や4時間足の状況からスキャル対応とし、1時間足での状況待ち。
BBの+2σで一度反転してから(押し目)の再上昇で、
直近の高値及びBB+2σをブレイクでの仕掛けですね。
そしてフィボナッチでの利確ポイント設定で利確約定。

チャート中央よし少し左から始まっている上昇を見てください。
大きな下ヒゲ陽線での上昇で、一度、BB+2σあたりで抑えられ上ひげ陽線。
その次はコマ足の陰線。この陰線が押し目となり再上昇していますね。
私のBBの活用の仕方は、押し目を付けるポイントですね。
一度±2σで動きが止まり「押し目」「戻り」を付けて、
そこからの上昇再開・下落再開ですね。
そういう見方をする事で「だまし」回避にも役立ちます。

参考になればと思います・・。

それでは、また・・。(^^)。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示