FC2ブログ

平成30年9月27日(木)ユーロドル トレード解説

おはようございます。
本日の大阪は・・・・晴れ・・・です。
台風が来るとは思えないほどの天気(^^;

それでは、昨日27日のユーロドルのトレード解説です。
チャートは先ほど10:50頃のものです。
日足から・・・。
日足
昨日の解説の時間帯の時の値動きでは、
方向性がつかめずに静観するしかない!
という状況でしたが、値動きは「山の天気」と同じように、
気づいたら状況が変化していた事が多々あります。
昨日はその典型的な例ではないでしょうか・・。

4時間足です。
4時間足
4時間足のサポレジL(黄)を割ると一気に下落が進みました。
その下落を部分決済を使いながら利確ができました。

1時間足です。
1時間足
まず、大きな陰線で一気に下落となりました。
この下落を取りに行くと・・・・大けがになる事の方が多いです(^^;
4時間足のサポレジL(黄)を一気に割ったあと、
その4時間足のサポレジL(黄)まで戻ってきました。
売りの新規注文に対して決済注文が入ったという事ですね。
そして、サポートとして機能していたラインが、
今度はレジスタンスとなって機能した格好になり、
下落が再開となりました。
私としては、その4時間足のサポレジL(黄)と10EMAとが、
レジスタンスの役割になりそうだと判断して、
売りの仕掛けを行い、まずフィボナッチのスキャル利確ポイントで部分決済。
+21Pips
その下の4時間足サポレジL(黄)とフィボナッチ利確1ポイント付近で、
残りポジションの全決済としました+32Pips

下落の基本の仕掛けのポイントですね。
下落があった後の戻りの上昇後の安値サポートブレイクです。

1.1683のブレイクの後、すぐに10EMA付近まで上昇したので、
怖さがありますが、これは日足チャートを見れば、
10EMAブレイクあたりに相当するのかなぁ~という感じですので、
多少のもみ合いは覚悟の上ですね(^^)。

それもあって、フィボナッチでスキャル利確ポイントで部分決済をし、
残りポジションで下の4時間足サポレジL(黄)までを狙った。
というのが昨日のトレードとなります。

本日も、下落での仕掛けのチャンスがあれば仕掛けていきます。

相場とは私たちトレーダーの思い通りには動かない。
でも、相場を動かしているのは私たちトレーダーの売り買い・・。
おかしなものです(^^;

それでは、また・・・。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示