FC2ブログ

平成30年10月10日(水)ユーロドル トレード解説

おはようございます。
私は実は・・・というほどでもないですが・・。
高校・大学とバレーボール部でして・・・。
セッターというポジションで7年間プレーしておりまして。
今、日本で開催TV中継されている、
世界バレー女子を毎試合欠かさずみております(^^)。
昨日の試合は本当に良かった(^0^)!!
YouTubeで改めて見たいと思っております、ハイ!

それでは、昨日10日(水)のユーロドル トレード解説です。
チャートは先ほど10:30頃のものです。
日足から・・・
日足
下落の戻りの上昇が昨日の相場となりました。
現在はその戻りの上昇が10EMA&4時間足のサポレジL(黄)あたりで、
小休止となっており、ここから反転下落再開となるか、
それとも抜けていくかの分岐点となっております。

昨日のトレードは、この戻りの上昇を4時間足のスキャルで仕掛けたものです。

4時間足です。
4時間足
いつもより拡大しています・・。
逆三尊の形からの上昇で、MACDはGC中で上向き。
2本のMAを超えてから2本の陰線で押し目を付けて反転陽線。
直近の高値をブレイクすれば値動きでもダウ上昇の理論成立の場面。
日足で見たように、下落の中の戻りの上昇ですからスキャル対応。
フィボナッチのスキャルポイントとBB+2σが接近している手前で、
利確注文を入れ静観し利確約定。 +14Pips

1時間足です。
1時間足
1時間足で見ると・・こんな感じ。

いかがでしょうか(^^)。

それでは、明日・・。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示