三尊天井(トリプルトップ)

私が注意して見ている反転パターンは、
三尊天井(トリプルトップ)・逆三尊(トリプルボトム)
ダブルトップ・ダブルボトムの計4つです。
特に上昇から下降への転換では三尊天井を、
下降から上昇への転換ではダブルボトムを意識しています。

(三尊天井)
三尊天井(スリートップ) 2ー1
上のチャートは三尊天井の典型的な形です。
上昇トレンドから下降トレンドへの転換に起こる動きなのですが、
このチャートを見て何か思い出した方はいませんか?
エリオット波動の下落の1波・下落の2波ですね。

ダウ理論の上昇の定義が継続することで上昇トレンドとなり、
その定義が安値1を更新することで崩れ、
下降の定義が成立した途端に下降トレンドが発生したパターンです。
この相場を大きく見ると、BOXレンジの中の上昇と下降という見方もできますね。

三尊天井(スリートップ)1-1
上のチャートも三尊天井なのですが、
はっきりとダウ理論の上昇の定義が崩れたとは言えないパターンです。
安値1を切り上げて上昇したが、高値2を更新せずに下落に転じたパターンです。
ロウソク足の動きだけでは判断しづらいのですが、あるテクニカル指標を用いれば、
このパターンを仕留める事ができます。それは後ほど・・・・。




スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示