MACDとダウ理論

日々の値動きの中にも、パターンとして認知されているものがあります。
必ず効力を発揮してくれるわけではありませんが、
今後の値動きのイメージを鮮明にさせてくれる、または、
エントリーの準備を示唆するという意味では大事な知識です。
インジケーターよりも、大事にされている専業トレーダーも数多くいます。
私も実際にエントリーとして使う場面も多々ありますので、
皆さんも、必要な知識として覚えてください。
値動きの典型的な例としてメジャーなものだけを取り上げます。

トリプルトップ(三尊天井) 
トリプルトップMACD
ダウ理論を値動きではなく、MACDにあてはめます。
MACDの「山」を高値、「谷」を安値と考え、ダウ理論をあてはめます。
上の図を見てください。安値1を切り上げて安値2を形成しています。
ここまでは値動きもMACDも同じ動きですが、
値動きでは高値2が高値1を更新していますが、
MACDでは、高値2は高値1を更新できずに下落となっています。
値動きでは、ダウ理論の上昇となっているのに、
MACDでは、高値を更新できずに下落となった。
この現象を「逆行現象」もしくは「ダイバージェンス」と呼びます。
そして、安値3が安値2を更新した事で、
値動きもMACDも同じ動きとなり、下落が加速します。
この形は、上昇トレンドの終焉を示唆する値動きです。
実際には、値動きでは、安値3が安値2を切り上げている場合があり、
まだ上昇継続だと思ってエントリーすると、
下落して損切りという場面をMACDのダウ理論を採用する事で回避できたり、
逆に下落を取りに行く事もできます。
ただ、この場合は、上昇トレンドの戻りの動きである事には違いないので、
注意は必要ですが、そこから下落が加速すれば、
一気にトレンド転換となりますので、大きく利益を取る事が可能になります。
この後に説明する、「2トップ」も同じですが、この3トップの方が、
大きく値が動く事が多いのではと思っています。
(これは、あくまでも私の見解です)

ダブルトップ(二点天井)
ダブルトップMACD
ほぼ同じ高さに、高値が並ぶパターンです。
ここでは、2トップと表記します。上の図を見ていただいて、
3トップの時と理屈は一緒です。
安値2が安値1を切り上げているのにMACDでは更新となっている事で、
ダイバージェンスを疑い、
MACDの高値2が高値1を切り下げた事で確定となり、
MACDのクロスのAポイントや安値2を割ったところ、
またはここには表示していませんが、
10MAがこの2つのポイントに絡んでくると思いますので、
10MA割れでのエントリーとなります。
この2トップは3トップの変形タイプとして捉える事もあります。
3トップの変形との違いは、2つの高値がほぼ同じ高さにあるところです。
2つの高値がほぼ同じ高さにあるのに、
MACDがそうでない場合はこの2トップのイメージも視野に入ってきます。

3ボトム(逆三尊)や2ボトム(二点底)
以下の3ボトム(逆三尊)や2ボトム(二点底)は、3トップ・2トップの反対となり、
下落からの反転上昇でのトレンド転換を示唆する値動きとなります。
トリプルボトムMACD
最安値Bの両脇の安値AとCが並ぶ形を3ボトム(逆三尊)と言います。
そして、これもMACDを併用する事で精度を増します。
上の図を見てください。
値動きもMACDも高値2が高値1を切り下げました。
ここまでは同じ動きですが、値動きでは安値2が安値1を更新しましたが、
MACDでは切り上げています。ダイバージェンスの動きですね。
そして、MACDの高値3が高値2を更新した事で、
MACDでのダウ理論の上昇の定義が成り立ちました。
エントリーポイントとしては、
MACDのクロスのAはダイバージェンスでのエントリーと言う事になり、
ポイントBでは、MACDでのダウ理論の上昇の定義が成立で、
エントリーとなります。
そして、高値3のブレイクか、ここには表示されていませんが、
10MAも絡んでくるので、10MA越えかのポイントが考えられます。

ダブルボトムMACD
ほぼ同じ安値が2つ並ぶパターンで、2ボトム言います。
これは、もうおわかりだと思いますが、2トップの逆のパターンですね。
そして、これにもMACDをフィルターとして使いますと、
値動きでは、安値2が安値1とほぼ同じ値なのに、
MACDでは、安値2が安値1を切り上げています。
ここで、MACDのダイバージェンスの動きでのエントリーが上の図のAポイトであり、
高値1を越えていくブレイクアウトのエントリーがBポイントとなり、
これにも10MAがわってくる範囲となりますので、
10MA越えでのエントリー可になります。

実際の値動きで見て見ると・・・・。
USDJPYH1 1
上のチャートは3トップ(三尊天井)からの下落の後、
3ボトム(逆三尊)からの上昇という値動きですね。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示